上場のための法人カード

  • 利用料・年会費基本無料
  • 最短当日から利用可能
  • カードを何枚でも発行可能
  • 最大1億円以上の限度額

※自社調べ

タクシー広告放映中!
UPSIDER
ユーザーストーリー

煩雑な業務にかかる時間が年間770時間削減!
リアルタイムデータ反映

決済データがリアルタイムにWebに反映され、適時に利用状況をチェック可能。 月初1日で会計ソフトに自動で漏れなく明細が連携されるため、月次決算の早期化に貢献。 その他にも経理に嬉しい機能を多数揃えています。

法人カードに関する
こんなお悩み
よくありませんか?

利用限度額が低い...

  • ・広告やサーバーが止まってしまう
  • ・契約中のカード会社が多く管理が大変
  • ・個人のカードでの立替が多く処理が煩雑

カードの拡張性、
管理機能がない...

  • ・カードの発行枚数を増やせない
  • ・安心してカードを従業員に渡せない
  • ・経理が毎回カード番号を入力している

成長企業向けに
設計されていない...

  • ・枠の審査に時間がかかる
  • ・明細の反映が遅く決算に遅れや漏れが発生
  • ・問い合わせしてもすぐに解決しない

なら全て解決

UPSIDERカードが
選ばれている6つの理由

利用限度額は最大1億円以上。足りないときには前払いを併用することもできるので、決済が止まる心配もありません。高額決済にも対応しています。

手続きは全てWeb上で完結。成長企業のスピード感に合わせて、枠の審査は原則3営業日以内、再審査もすぐに対応しています。

月額利用料、年会費、発行手数料、外貨決済時の事務手数料は基本無料。無駄なコストは一切かからない上に、ポイント還元も。

Web上でカードが何枚でも発行可能で、明細データは即座に管理画面に反映されます。会計ソフトへのAPI連携および利用明細のCSV出力も可能です。さらに、証憑を自動で回収できる機能で日々の会計処理の手間が格段に楽になります。

カードごとに決済できる利用先、限度額を設定でき、決済時にはSlackにすぐに通知出来るので安心。利用先リストで各サービスの利用額をモニタリングすることも可能。さらに、利用申請機能に応じた限度額の付与ができる*ので、もう管理に頭を悩ませることはありません。

*2022年内リリース予定

不正利用があった際も2,000万円まで補償されるので、安心して利用可能。問い合わせ対応も待たされることなく、スピーディに解決されます。会計処理等の質問は公認会計士のサポートも。

利用料・年会費基本無料・
外貨手数料無料、
お申し込みはWebで完結

従来の法人カードとUPSIDERの違い

他社例
発行手数料 無料 ~数千円
年会費 無料 ~数万円
外貨決済手数料 0% 2~3%
申込方法 Web上で完結 書類の提出が必要
発行枚数上限 なし ~10枚まで
利用限度額 1億円以上 ~数百万or数千万
明細への反映 Web上で即時反映 郵送で1ヶ月後
カード別利用制限設定 あり なし
Slack通知機能 あり なし
カスタマーサポート メール・チャットで迅速に対応 電話対応のみで時間がかかる

UPSIDER
ユーザーストーリー

ご利用の流れ

Webでご利用の申込み、本人確認を行っていただきます。

お申し込み前にサービスの説明を受けさせていただくことも可能です。 その場合「お問い合わせ」からご連絡ください。

申込み情報を確認の上、アカウント発行の審査を行います。審査完了後、アカウントを発行します。アカウント発行後に、利用可能枠の審査のお知らせをします。

利用可能枠の審査完了後、カード発行、今までのカードと同様にお使いいただけます。全国のVISA加盟店でご利用可能です。

よくあるご質問

Q.設立したばかりなのですが、UPSIDERカードを利用することはできますか?

A.はい、ご利用頂けます。UPSIDERカードはプリペイドカードとしてお使い頂く場合、与信審査がなく、多くの企業様にご利用頂けます。後払いでご利用頂く際には弊社所定の与信審査があります。

Q.3Dセキュア認証が必要なお支払いに対応していますか?

A.現在対応に向けて準備中です。対応が完了するまでお待ちください。

Q.Apple Pay、 Google Payには対応していますか?

A.Google Payには対応済みです。
Apple Payについては現在対応に向けて準備中です。対応が完了するまでお待ちください。

Q.支払いできない利用先はありますか?

A.一部の加盟店のお支払いには利用できない場合があります。いずれの支払いにも利用できるよう準備中です。

Q.ログイン時の2要素認証に対応していますか?

A.はい、対応しています。SMSとアプリでの2要素認証が設定可能なので、安心してお使い頂けます。

Q.会計ソフトへのAPI連携に対応していますか?

A.はい対応しています。現在、会計freee、マネーフォワードクラウド会計、マネーフォワードクラウド会計プラスに対応しております。今後、他の会計ソフトにもAPI連携できるよう準備中です。

© 2022 UPSIDER.inc