法人カードの審査で落ちたらどうする?審査落ち対策・おすすめのカードなど

法人カードの審査で落ちたらどうする?審査落ち対策・おすすめのカードなど

更新日:

3行でまとめると…

  • 法人カードの審査に落ちても、申し込みできる法人向けカードは他にもある##first
  • 審査通過率アップには、審査に落ちた原因や自社の課題をチェックしておくことが重要##second
  • 法人カードならUPSIDERカード。発行枚数無制限・限度額最大10億円で35,000社以上の導入実績!

    ##matome

「法人カードの審査に落ちた……どうしよう」という方のため、今回は法人カードの審査に落ちた際の対処法をまとめました。審査落ちした方におすすめの法人カードの他、自社の状況別に見る審査に通過するための対策なども解説します。

この記事を最後まで読むと、法人カードの審査に落ちた状況をプラスに変え、スマートに業務効率を高められるので、ぜひお役立てください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

法人カードの審査に落ちた時の次善策

法人カードの審査に落ちた際の次善策は、以下の3つです。自社に合う法人カードを見つけて素早く使い始められるよう、「審査落ち後の次善策」を順に見ていきましょう。

法人カードの審査に落ちた時の次善策

審査なしの法人カードを検討する

法人カードの審査に落ちた場合、審査なしの法人カードに申し込む方法がおすすめです。クレジットカードタイプの法人カードと同様、後払いが可能・ポイント還元あり・付帯サービスありなどの特徴を持つ審査なしの「法人デビットカード」に申し込めば、より賢く業務効率を高められます。

他にも即時払い・前払いタイプの法人カードを選ぶなど、審査なしでの利用は可能です。審査なしの法人カードに関する詳細は、以下の関連記事をご覧ください。

「審査が甘い」とされている法人カードに申し込む

審査基準が甘い法人カードを選べば、次回の審査通過率を高められます。具体的には申込条件が少ない・限度額が低いなどが、審査が甘い法人カードの特徴です。

他にも一般ランクの法人カードに申し込んだり、外資系法人カードに申し込んだりすれば、審査通過率を高められます。

1枚目の法人カードで審査落ちしても、2枚目で審査を通過できるケースがあるため、審査が甘いと考えられる法人カードへの申し込みを検討しましょう。

必要書類が少ない法人カードに申し込む

登記簿謄本や決算書が不要など、必要書類が少ない法人カードに申し込むことで審査通過率が高まることがあります。なぜなら必要書類が少ない法人カードの審査では、経営者本人の信用状況が重視されやすいからです。

会社の財務状況に関する書類が少ないほど、法人与信の判断材料が少ないため、個人与信の重要度が高まると考えられます。

そのため経営者の信用情報が健全だったり、ステータス性の高い個人カードを使っていたりする場合、必要書類が少ない「個人与信を重視すると思われる法人カード」に申し込むと、審査に通りやすくなると期待できます。

「赤字決算が続いている」「開業後間もない状態で申し込んだ」などの状況で法人カードの審査に落ちた場合、会社の財務状況などより、経営者個人の信用力を重視する法人カードに申し込むと、審査落ちのリスクを下げやすいでしょう。

審査に落ちた際は要チェック!法人カードの審査基準とは

法人カードの審査基準は個人与信・法人与信に大別できます。個人与信とは経営者の信用情報のことで、法人与信とは会社の経営実績・財務状況などを意味します。

審査基準は各法人カード会社によって異なるため、各社のホームページなどから特徴を把握し、自社に合う法人カードに申し込むことで、審査通過率を高めましょう。

要因別|法人カードの審査に落ちた場合の対処法

この項目では以下の要因別に、法人カードの審査に落ちた際の対処法をお伝えします。次回の審査通過率を高めるために、対処法をチェックしていきましょう。

要因別|法人カードの審査に落ちた場合の対処法

経営者の信用情報が良くない場合

経営者の信用情報が良くない場合、利用実績を積み重ねるなど、良質な信用情報を作ることで、次回以降の審査通過率を高められます。具体的には、各種ローンを完済したり借入金を減らしたりすることで信用情報を改善できます。

クレジットヒストリーに傷がある場合、信用情報機関への照会を検討しましょう。信用情報機関は一定期間が経つと信用情報を削除するため、申し込みのタイミングを調整することで、法人カードの審査を通過できるかもしれません。

経営者の利用実績・信用情報がない場合

クレジットカードの利用歴などの信用情報が全くない「スーパーホワイト」の状況で、審査に落ちた場合、個人カードの発行・利用によって実績を積みましょう。

スーパーホワイトの場合、法人カード会社が申込者の信用情報を見極めづらく、与信判断が困難とみなされ、審査に落ちた可能性があります。

そのため個人カードを積極的に使い、利用実績・信用情報を積み重ねてから、法人カードに申し込みましょう。

経営状況が悪い場合

経営状況が芳しくない状況で法人カードの審査に落ちた場合は、資金繰りの改善をしましょう。具体的には利益を増やしたり、経費を削減したりなどによって資金繰りを改善すると、次回の審査通過率を高められます。

赤字決算でも上手く資金繰りをしている会社は倒産しづらいため、法人カードの審査に通過しやすいと言えます。他にも在庫の処分や遊休資産の売却など、資金繰りの改善ができないかどうか検討してみましょう。

起業直後の場合

起業直後の法人カード審査で落ちた場合には、営業実態があるとアピールする方法がおすすめです。営業実態が確認できないと貸し倒れリスクなどを判断しづらいため、審査落ちのリスクが高まります。

自宅がオフィスの場合、会社専用の固定電話や住所を用意したり、ホームページを作成したりするなど、積極的に営業実態があるとアピールしましょう。

申込条件を確認していなかった場合

予め法人カード会社のホームページなどで申込条件を確認しておけば、審査落ちのリスクを抑えられます。法人カードの申込条件の例は、以下をご覧ください。

  • 個人事業主は対象外
  • 27歳未満の場合は申込不可
  • 審査には2期分の決算書類が必要

申込条件を確認しておけば、自社の状況をふまえて適切な法人カードを選べます。「起業直後のスタートアップ起業におすすめ」「個人事業主歓迎」など、自社に合う法人カードに申し込めば、審査通過率を高められるはずです。

法人カードの審査に落ちた場合、次回の申し込み時には条件をふまえて適切な選択をしましょう。

限度額を高く設定しすぎた場合

審査に落ちた後、次に法人カードへ申し込む際は、低めの限度額を希望することをおすすめします。

高い限度額を希望するほど、法人カード会社は貸し倒れリスクに警戒する傾向があるため、審査落ちのリスクが高まります。そのため次回の法人カードに申し込む際は低めの限度額を希望し、利用実績を積んだ後、増額申請をすると良いでしょう。

審査落ちした人におすすめの法人カード

法人カードの審査に落ちた場合、審査なしで利用できるUPSIDERカードの保証金プランがおすすめです。UPSIDERカードの保証金プランは銀行口座との連携が不要なうえ、最短1営業日で利用を始められます。

不正利用の発生リスクをほぼゼロに抑えられる他、初期費用・月額利用料無料で使える点もUPSIDERカードのメリットです。

「追加カードの発行枚数無制限」「利用限度額最大10億円」などの魅力もあるUPSIDERカードが気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

法人カードの審査で落ちた場合、自社の状況をふまえて、審査に通りやすい法人カードを選ぶ方法がおすすめです。「審査なし」「審査が甘い」など、様々な法人カードの特徴を把握しておけば、次回の審査通過率を高められます。

審査で落ちた方におすすめの法人カードはUPSIDERカードです。UPSIDERカードの保証金プランは審査なし・銀行口座との連携が不要などのメリットが多いため、審査に落ちて困っている方は、ぜひご利用ください。

他にも「追加カードの発行枚数が無制限」「初期費用・月額利用料無料」などのメリットがあるため、審査に落ちた方は、早速UPSIDERカードへ申し込んでみましょう。

目次