アーカイブ配信中
お申し込みはこちら

【緊急解説】freee会計プランの変更が与える、バックオフィス業務への影響と解決策とは?[第一回]


2024年2月、「freee会計」が7月1日よりプラン改定を行うことが発表されました。

今回のプラン改定に伴い、既存のシステムからの変更を検討される経理部門の方も多いのではないでしょうか。

本ウェビナーでは、「freee会計」のプラン改定に伴い、必要な対応、取りうる選択肢、検討ポイントなど、経理部門が意思決定に必要な情報を網羅的にお話いたします。


  • freee会計のプラン改定に対し、どのように対応すべきか迷っている方
  • freee会計と他社のワークフローアプリや法人カードアプリを組み合わせて業務フローを構築している方
  • 外部アプリを利用して読み込んだ請求データをfreee会計へ自動仕訳連携をしている方

登壇者


株式会社UPSIDER

丹羽 章之

Treasury & Finance Control

PwCで日本やイギリスで大手グローバル金融機関の会計監査やアドバイザリー業務などを14年経験。そののちに五常・アンド・カンパニー、Kyashという2つの金融系スタートアップ企業で財務会計やコーポレート業務などを幅広く経験。