ファクタリングの審査落ち理由は売掛先にあり?審査基準と対策まとめ

ファクタリングの審査落ち理由は売掛先にあり?審査基準と対策まとめ

更新日:

3行でまとめると…

  • ファクタリング審査で重視されるのは売掛先や債券の信頼性である##first
  • 「審査落ちした」もしくは「しそう」なときは、ビジネスローンや請求書支払い代行サービスの利用を検討すると良い##second
  • 支払い.com は手数料4%で支払いを最長60日先延ばしでき、ファクタリングよりお得

    ##matome

支払い.comの詳細を見る>>

ファクタリングの審査落ちの理由は、主に売掛先の信頼性や債務リスクにあるといわれています。複数保有しているのなら、別の売掛債権で申し込みし直すのもひとつの方法です。

そこで本記事では、ファクタリングの審査基準を解説するとともに、落ちたときにすぐできる対処法をまとめました。落ちてしまったとき、また落ちそうで不安なときには、参考にしてみてください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

審査に落ちる理由は、主に売掛先による債務リスクにあり 

審査に落ちる理由は、主に売掛先による債務リスクにあり 

ファクタリングの審査にはこちらのような特徴があることから、「審査に落ちる理由の多くは売掛先の債務リスクにある」といわれます。以下では、ファクタリングの審査基準や傾向を詳しく解説します。

審査に落ちる理由は、主に売掛先による債務リスクにあり

重視されるのは売掛金回収の確実性

ファクタリング審査で特に重視されるのは、「売掛金回収の確実性」です。業者は売掛債権の将来的な価値を見込んで、買い取るためです。ではどのようなポイントから確実性を見極めるのかというと、主なのは以下の2点でしょう。

  • 売掛先に支払い能力はあるか
  • 売掛債権は信頼性が高いものであるか

そのため大企業であったり公的機関であったりなど、売掛先の社会的信用が高ければ高いほど、ファクタリング審査は有利になります。一方、個人事業主や極めて小規模な企業の売掛債権は、実績も浅いことから売掛金回収の確実性が低いとみなされ、審査には不利です。

契約者の情報は融資契約ほど重要ではない

銀行融資や消費者金融のビジネスローンなどに比べ、ファクタリングでは契約者(当人や事業実績など)の情報は重視されません。強いていえば、申請情報と確認書類の照合や面談時の受け答えによって、以下のような点が確認される程度でしょう。

  • 売掛先との取引歴が十分にあるか
  • 申請情報と確認書類に食い違いがないか
  • 売掛先の情報をきちんと把握しているか

取引歴に関しては、売掛金回収の確実性につながる内容のため、比較的重要です。そのほか2つは、主に「不正な申し込みでないか」を確認するための項目です。誤りがないように、慎重かつ誠実な対応を心掛けましょう。

ファクタリングの審査落ちチェックリスト・5項目

ファクタリングの審査落ちチェックリスト・5項目

ファクタリングで審査落ちする主な理由は、以下5つに分けられます。当てはまる数が多いほど、審査に落ちる可能性が高まります。なかでも(1)から(3)のいずれかに当てはまる場合には、ファクタリング業者から敬遠されやすいでしょう。

ファクタリングの審査落ちチェックリスト・5項目

1.売掛先の信用度が低い

売掛先の信用度とは、主に支払い能力に対する信頼性を指します。支払い能力が低いとは、たとえば以下のような企業です。

  • キャッシュフローのバランスが悪い
  • 流動比率や当座比率が危険値である
  • 個人事業主である

売掛債権が無価値になる恐れがあるため、売掛先の倒産リスクが高い場合は、審査落ちする可能性が非常に高いでしょう。また個人事業主の売掛債権は、不可とするファクタリング業者が少なくありません。中小企業と比べても、事業実態がつかみづらいためです。

2.売掛債権の存在が疑わしい、問題がある

なかには不正取引を企てる利用者もいるため、売掛債権そのものの信頼性も審査では重視されます。

  • 架空債権や実態のない会社(ペーパーカンパニー)である
  • 二重譲渡にあたる
  • 不良債権である

いずれかに当てはまる場合には、審査落ちが確実です。また故意に不正を働くことは犯罪行為であり、法的な処罰を受ける恐れがあります。

3.売掛先との取引が継続的でない

売掛先との取引歴は、売掛金の回収実績を示す証拠です。取引歴が短く、継続的でない場合は、「回収確実性が低い」と判断される要素になり、審査に悪影響を及ぼします。

なお、預金通帳の履歴(コピーや写真)から判断されるケースがほとんどです。売掛金の支払い方法が手渡しの場合をはじめ、履歴が残らず証明できないときも審査落ちしやすいでしょう。

4.申込時の書類や質疑応答の不備

申請内容や提出書類、また質疑応答に不審な点があった場合には、審査に響きかねません。不正利用を疑われるためです。誤字や書類不足など、明らかなミスである場合には、改めて申し込みや提出を求められて再審査になることもあるでしょう。

しかしその分、手間や時間は増えてしまうので、初めから入念な確認を心掛けましょう。

5.売掛金の支払いまでの期間が長い

売掛金の入金期日までが長期間であるほど、審査は不利になります。期間が空くほど売掛先の経営状況は変わりやすく、売掛金回収の確実性が低下するためです。

通常、入金サイトだけが原因で審査落ちすることはまずないといわれており、売掛先の信頼性が高い場合には、問題なく契約できることも多いでしょう。ただしファクタリング業者が負うリスクは高まるため、入金サイトが短期間の債権に比べ、金利設定は上がりやすいといいます。

審査落ちしたときにすぐできる対処法

審査落ちしたときにすぐできる対処法

ファクタリングの審査に落ちたとき、すぐにできる対処法は3つに分かれます。審査落ちの理由が対策可能なものであれば、ファクタリングに再挑戦しても良いでしょう。それが難しく、かつ資金繰りを急がなくてはいけない状況なら、ほかの方法を検討しなくてはいけません。

審査落ちしたときにすぐできる対処法

対策後、審査に通りやすいファクタリングに申し込む

審査落ちしたものよりも売上金回収の確実性が高い債権(企業規模が大きい、取引歴が長い、入金サイトが短いなど)を保有している場合には、そちらで再申請するだけで対策が取れます。

さらに審査通過率を上げたいのであれば、2社間ではなく、3社間ファクタリングに対応している業者を選ぶのが良いでしょう。3社間ファクタリングでは、売掛先も含む3社で取引をします。契約者にとっては、「売掛先に資金難が知られる」のはデメリットです。

しかし売掛金回収の確実性がより担保されるため、審査が有利になり、かつ低金利での契約になりやすいといったメリットが得られます。

売掛金の支払期日を交渉する

売掛先に直接交渉し、入金を前倒ししてもらうのもひとつの方法です。取引期間が長く、信頼性が十分に築けている企業であれば、快く引き受けてくれることもあるでしょう。

ただし3社間ファクタリング同様、資金繰りに困っていることが売掛先に知られてしまいます。取引状況や関係性によっては、契約破棄や疎遠になったり、足元を見られたりする恐れはあるでしょう。

ビジネスローンや請求書支払い代行サービスを利用する

ファクタリングで審査落ちしても、そのほかのサービスであれば利用できるケースもあるでしょう。急ぎの状況であれば、ビジネスローンか、請求書支払い代行サービスがおすすめです。

サービス名ビジネスローン請求書支払い代行サービス
特徴・メリット・即日可
・審査時間:30分~1週間
・手数料:年利3%~18%
・即日可(審査なしのサービスあり)
・審査時間:0分~2時間
・手数料:3%~5%
注意点・低金利の商品ほど審査に時間はかかりやすい
・収入証明書類や登記簿謄本など必要書類が多め
・あくまで支払い代行なので現金は手元に入らない

どちらも申し込みから即日で利用可能(商品による)ですが、特にスピード性が高いのは請求書支払い代行サービスです。仕組み上、審査なしの業者もあるので、緊急時に重宝します。

ただし「請求情報とともに代行申請することで、振込日に業者が支払いを立て替えてくれる」といったサービスのため、現金が手元に必要な場合には不向きです。

審査が心配なら「支払い.com」がおすすめ

審査が心配なら「支払い.com」がおすすめ

ファクタリングの審査に落ちてしまった、または落ちてしまいそうだと不安なときには、「支払い.com」がおすすめです。

  • 審査なしで即時使える
  • 目前の支払いを先延ばし可能(最長60日間)
  • ファクタリングより低い4%の手数料

支払い.comは、カード会社である「株式会社クレディセゾン(東証プライム上場企業)」との共同運営によって生まれたサービスです。長年にわたって金融事業を営んできた知見が基盤にあるからこそ、「早い・安い・安心」のすべてを実感いただけるでしょう。

審査なしで即時使える

支払い.comは審査なしのため、無料登録後は即時、代行申請が可能です。登録はとても簡単で、名前と連絡先を入力し、パスワードを設定するだけで済みます。書類提出や面談などは、一切不要です。

代行申請も、これといった書類や請求書のアップロードは必要ありません。請求内容(振込金額や口座情報)を入力・送信してもらえれば、最短60秒で手続きが完了します。なお振込時の名義は、自由に設定できます。支払い代行の利用が取引先に知られることはありません。

導入事例:建設業 A社様

利用金額:109万円
先延ばし日数:60日
導入理由:取引先の倒産により、連鎖倒産の危機にあった
利用者の声:書類提出が不要、スマホで簡単に利用できたので助かった
https://shi-harai.com/#voices

目前の支払いを先延ばし可能(最長60日間)

支払い.comを利用すれば、請求期日を実質延長できます。支払い.comは代行申請の手続きが完了した時点で、カード決済(請求額+手数料)が発生するシステムです。よって支払いは、クレカの利用料金として自動的に引き落とされます。

引き落とし日はクレカの締め日によって決まるので、最低でも翌月、最長なら翌々月まで支払いを先延ばせるでしょう。

取引先の入金サイトが長いことから手元資金が少なく、キャッシュフローに悪影響を与えている場合には、スムーズな事業運営や発展にも役立ちます。

導入事例:書籍出版業 株式会社アルファベータブックス様

利用金額:100万円
先延ばし日数:60日
導入理由:入金サイトの関係から手元資金が少なく、経営が不安定だった
利用者の声:100万円~200万円規模の資金繰り改善に成功した
https://shi-harai.com/#voices

ファクタリングより低い4%の手数料

支払い.comの手数料は、4%です。とても安く、手軽にご利用いただけるでしょう。(※参考までに、ファクタリングの手数料は一般的に5%~15%といわれます)

国や自治体の融資制度、または銀行融資であれば、より低い手数料もあります。しかし手数料と審査難易度は反比例するので、これらを利用するには多くの書類提出が必要なうえ、利用までに時間がかかります。即日で安く利用したいのなら、支払い.comがおすすめです。

導入事例:システム開発業 B社様

利用金額:800万円
先延ばし日数:60日
導入理由:入金サイトが長期間にわたり、資金繰りに難儀していた
利用者の声:ファクタリングよりも手数料安く、スピーディーに800万円もの代行を受け付けてもらえた
https://shi-harai.com/#voices

FAQ|よくある質問

FAQ|よくある質問

ここでは、ファクタリングの審査が心配な方や、落ちた方から寄せられることの多い質問に回答します。疑問をすべて解消したうえで、改めて自社に合うのはファクタリングなのか、そのほかの方法なのかを検討してみてください。

FAQ|よくある質問

Q.ファクタリングは審査通過率が高いって本当?

A.数字を明かしている業者の平均値を見ると、高いといえるでしょう。

ただし審査基準や、締結された契約内容の詳細は明らかにされていません。この場合、「希望額とは異なるごく少額での契約なら可」として審査を通過させている可能性があります。

これはファクタリング業者に限らず、審査通過率を明かしているサービスではよく使われる手法です。審査通過率が高いからといって、「審査基準が甘い」や「簡単に大金の契約をしてくれる」とは限らないことは留意しましょう。

Q.審査なしや審査が甘いファクタリング会社はある?

A.原則、ありません。そのようにうたう業者があった場合には、疑ってかかりましょう。

ファクタリング業者は慈善事業ではなく、商売としてサービスを提供しています。誰とでも簡単に契約していては利益を得られず、本末転倒です。

よって、契約者にばかり利があるような取引を持ち掛けてくるような場合は、違法業者であることを疑うのが良いでしょう。以下は違法業者がよく使う手口なので、心に留めておきましょう。

  • SNSや掲示板で勧誘している
  • 分割払いをOKとしている
  • 契約書が少ない、または内容があいまいである
  • 利息が発生する
  • 償還請求権(ノンリコース)がある

Q.ファクタリングの審査時間はどのくらいかかる?

A.即日に対応した業者では、最短1時間~3時間ほどが一般的です。

ただし即日入金に必ず対応してもらえるかは、利用してみるまで分かりません。審査終了までの時間は申込内容だけでなく、業者の混み具合にも大きく左右されるためです。

ファクタリングを利用する場合には、なるべく早めかつ計画的に利用しましょう。

まとめ

まとめ

ファクタリングで審査落ちする理由は、ほとんどが売掛先の信用性にあります。別途、審査に通過しやすい売掛債権を用意できそうにない場合には、ビジネスローンや請求書支払い代行サービスを利用するのが適切でしょう。

特に急ぎの場合には、審査なしで即利用できる「支払い.com」がおすすめです。手数料もファクタリングより安い4%なので、資金繰りに悩んでいるのならまずは一度お試しください。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次