請求書のカード払いとは?メリット・デメリットやおすすめサービスを解説

請求書のクレジットカード払いとは?メリット・デメリットやおすすめサービスを解説

3行でまとめると…

  • 請求書のクレジットカード払いは、資金繰りの改善を安い手数料で実現できる##first
  • 請求書のクレジットカード払いは、取引先がカード決済非対応でも利用できる##second
  • 資金繰り改善ならまずは支払い.com 。手数料4%・審査なしで支払いを最長60日先延ばし!

    ##matome

近年、手軽にできる資金繰りの手段として「請求書のクレジットカード払い」が話題です。請求書のカード払いは便利な一方、具体的にどのようなサービスか知らない方も多いでしょう。また「普通のクレジットカード決済と同じなのでは?」「審査に通るのが難しいのでは?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、請求書のクレジットカード払いの仕組みやその他の決済方法との違い、クレジットカード払い以外の資金繰りの方法、クレジットカード払いのメリット・デメリット、クレジットカード払いの流れを順を追って解説します。

請求書のクレジットカード払いにご興味がある方や導入をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

監修者 辻哲弥(税理士・公認会計士)

監修者

ACLEAN会計事務所代表、税理士法人グランサーズ共同代表。『”Accounting(会計)”の力で経営を”Lean(筋肉質)”に』 をミッションに、お客様のキャッシュを守り、増やし、いざというときのための備えまでサポート。2019年有限責任監査法人トーマツに同年最年少の20歳で入社し、製造業・建設業・不動産業・銀行・運送業・製薬業・IT・官公庁等、幅広い業種で延べ20社以上の監査業務に従事。2022年同法人を退社後、慶應義塾大学大学院法務研究科に入学。大学院で法律を勉強する傍ら、会計事務所にて税務を学ぶ。同年8月公認会計士登録(登録番号:42636)。同年9月税理士登録(登録番号:149486)、ACLEAN会計事務所設立、再生可能エネルギー電力会社のCFO就任。
【各種SNS】
XLinkedinnote

目次

請求書のクレジットカード払いとは?

請求書のクレジットカード払いとは、請求書の支払いを、銀行振込ではなくクレジットカード払いにより行うことができるサービスのことです。

ここでは請求書のクレジットカード払いについて、株式会社UPSIDERが株式会社クレディセゾンと共同で提供する「支払い.com」を例にとり解説します。

請求書のクレジットカード払いの仕組み

まずは請求書カード払いの特徴を確認しておきましょう。

  • 手持ちのクレジットカードで請求書の支払いを行う
  • 事業者には後日、請求額と手数料の支払いが行われる

請求書のクレジットカード払いでは、まず手持ちのクレジットカードを使ってサービス業者(例えば支払い.com)に対して振り込み金額+手数料分を決済します。そして指定日になると、サービス業者が取引先の指定口座へ、振り込み金額を振り込みます。後日、あらかじめ口座に用意しておいた振り込み金額+手数料がクレジットカード会社から引き落とされる仕組みです。

手数料

サービス利用時の手数料率には、各社によって若干の幅があります。例に挙げた「支払い.com」の場合、手数料は4%です。

なお、手数料は利用時ではなく、カードの利用料金の引き落としに合わせてカード会社を通して支払うことになるため、本来の支払い期日前に別途、資金繰りをして準備しておく必要はありません。

支払いを先延ばしにできる期間

支払い.comを利用した場合、本来の支払い期限日には支払い.comから取引先に対して請求額が支払われます。

利用者は後日、請求書の金額+手数料をクレジットカードの利用料金としてカード会社に支払えば良いので、実質的な支払い期限の先延ばしとなり資金繰りを改善することができます。。

決済サービスによって若干の幅はありますが、「支払い.com」で延長できる期間は最長60日。余裕を持って資金繰りを行うことができます。

支払いの先延ばしのメカニズムについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください

他の決済方法との違いとは?

続いて、企業間の取引にまつわる支払い方法について、請求書のクレジットカード払い以外の決済方法との違いを確認していきましょう。

請求書払い:支払い期日に銀行振込

企業間の請求業務における支払い方法は、請求書払いの銀行振り込みが一般的です。

請求書払いの銀行振り込みとは、商品やサービスの購入代金を期日までに指定の口座に振り込み、後払いすることを指します。後払いのため、代金を支払う能力があるかどうかを判断したうえで取引を開始するのが特徴です。この判断のことを「与信調査」といい、商取引上の信用を与えることによって成り立つ取引のため「与信取引」ともいいます。取引先の支払い能力に応じて与信枠の設定を行うことにより、未回収のリスクを低減する効果があります。


請求書払いの銀行振り込みのメリットは複数取引の代金支払いを1回にまとめたり、支払い期日を分散せずに1日にまとめたりと、請求側・支払い側双方にとって支払い業務を効率化できる点です。一方、デメリットは与信調査をしたうえでも未回収のリスクが残る点です。

通常の請求書払いの場合、振込の期日は請求書に記載の支払い期限日になります。一方で請求書をカード払いした場合には、実際に銀行口座から代金が引き落とされるのはカードの支払い日となるため、実質の支払い期限日を最長で60日延長することができるのです。

法人間クレジットカード決済:請求側が対応する必要あり

法人間のクレジットカードによる決済は、請求依頼時に請求側が支払い側へクレジットカード決済の依頼をし、カードで決済をしてもらう仕組みです。この決済方法を導入する際には、まず請求側がクレジットカード会社と契約を行い、クレジットカード決済に対応する必要があります。

法人間クレジットカード決済のメリットは複数あり、請求側・支払い側にそれぞれ利点があります。

  • 請求側のメリット
    • クレジットカード会社から支払い先へ支払い明細が送られるため、請求書の発送業務が不要
    • サービス提供以前に決済確認が可能なため、未回収のリスクが減る
    • 入金確認が効率化される
    • 新規取引先への与信調査が不要
  • 支払い側のメリット
    • クレジットカードの決済だけで支払いが完了するため支払い処理が手軽
    • クレジットカード会社からの請求になるため、支払い期間に猶予ができる

法人間クレジットカード決済と請求書クレジットカード払いの違いは1点です。法人間クレジットカード決済の場合、請求側が決済会社と契約してクレジットカード決済に対応する必要があります。しかし、請求書クレジットカード払いの場合、請求側は従来通り支払い側へ請求書を送付すればよく、クレジットカード決済に対応する必要はありません

請求書のクレジットカード払いのメリット(支払い側)

続いて、請求書のクレジットカード払いのメリットを支払い側の視点で解説します。

請求書のクレジットカード払いのメリット(支払い側)

支払いを先延ばしできる

支払いを先延ばしにできる点は最大のメリットと言えます。

支払いが重なってしまい資金繰りに困った際、請求書のクレジットカード払いをすることで特定の取引の支払いを先延ばしすることが可能です。

従来の資金繰りでは、銀行から融資を受けたり投資家から出資を受けたり何かを売却したりすることで、まとまった金額を受け取って資金繰りに充てるという方法が一般的でした。しかし、これらの方法では、資金を確保できるまでに時間がかかるほか、審査に落ちるなどのリスクもあります。

一方で、支払い.comなどの請求書カード払いを利用すれば、普段利用している手持ちのクレジットカードを利用して決済するだけで、最大60日間支払いを延長することができます

審査不要で手続きが簡単

サービスを利用する上での審査や手続きが簡単である点もメリットと言えます。

銀行の融資を利用する場合は審査や手続きがあり、融資を受けるまでに1ヶ月程度時間がかかることが一般的です。その他にも出資や手形割引、ファクタリングなどを利用する際には、複数の提出書類や審査、面談などが必要なことがほとんどです。

一方、支払い.comを始めとする請求書のクレジットカード払いでは、審査や面倒な手続きが不要なサービスが多いです。利用可能なクレジットカードを持っていれば誰でも利用することができ、速やかに資金繰りを改善できるのは大きなメリットでしょう。

手数料が低額

手数料が低額である点もメリットです。

銀行振込で支払う場合と比較すれば手数料は一定程度かかりますが、ファクタリングやビジネスローンなどに比べると手数料(金利)は低いといえます。

例えば、「支払い.com」のサービスでかかる手数料は諸経費込みで一律4%。ファクタリングを利用した場合にかかる手数料は約5~15%なので、比較すると圧倒的にお得に利用できることが分かります。

クレジットカードのポイントが貯まる

手数料が低い請求書カード払いですが、さらにクレジットカードのポイントも貯まります。

例えば、手数料4%の支払い.comで還元率が1%のクレジットカードを使った場合には手数料は実質3%になり、さらに安く抑えることができます

手持ちのクレジットカードを利用するため、決済するシーンや金額が増えることで、ポイントが貯まっていくペースも早まります。

取引先がカード決済非対応でも利用できる

取引先がクレジットカード決済に対応していなくても利用できる点もメリットです。

請求書を送付して銀行振り込みを希望する会社は、法人間のクレジットカード決済には対応していない可能性が高いです。ですが請求書のクレジットカード払いの場合、先方の都合に関係なく、クレジットカード決済を利用することができます

それに加えて、支払い.comの場合、取引先にサービスを利用したことが知られないよう、振り込み名義人を自由に設定することができます。取引先に余計な心配をかけることなく利用できるのは安心できるポイントです。

支払いを一元管理できる

請求書のクレジットカード払いを利用することで、取引の決済をクレジットカードに一本化できるため、支払い管理を効率化することができる点もメリットと言えます。

すでに経費などの支払いにクレジットカード決済を利用しているなど、代金の支払いの基本をクレジットカード決済としている場合、特にメリットを感じられるでしょう。

請求書のクレジットカード払いのデメリット

請求書のクレジットカードには多くのメリットがある一方、デメリットも存在します。

請求書のクレジットカード払いのデメリット

利用額がクレジットカードの利用限度額まで

請求書カード払いで利用できる金額はクレジットカードの上限限度額の範囲内となります。

支払う金額がクレジットカードの利用限度額を超えている場合には、請求書のクレジットカード払いは利用できないため、多額の支払いをカード払いで決済しようとする場合には注意が必要です。

なお、支払い.comには、支払いを複数のカードで分けて行うことができる機能があります。これを活用すれば、一枚のカードでは利用限度額が支払い金額に達しない場合でも複数のカードの利用枠を合算できるので、支払い可能額がさらに広がります。

一時的な資金繰り策に過ぎない

請求書のカード払いでで支払いを先延ばしにできる期間は、最大でも60日程度です。

そのため、ファクタリングのように一時的な資金調達をしたい方には向いていますが、融資のように1年以上の長期的な資金調達をしたい方には向いていません。

請求書のクレジットカード払いは「支払い.com」がおすすめ

請求書のクレジットカード払いは「支払い.com」がおすすめです。クレジットカード会社の大手株式会社クレディセゾンと新進気鋭のフィンテック企業である株式会社UPSIDERが共同で運営しており、業界随一の安心感で事業の資金繰りをサポートします。

支払いを最大60日先延ばしにできるうえに、登録には登録金や審査、担保、面談が不要と手続きが簡単なのも嬉しい特徴です。ユーザー登録はWeb上でスピーディーに完結することが可能です。オンラインでクレジットカード決済ができるため、登録後は即日利用が可能で最短60秒で決済を完了することができます。

あわせて手数料の安さも魅力です。手軽な資金繰りであるファクタリングの手数料は5~15%、「支払い.com」の手数料は4%と、比較をするとその差は一目瞭然です。請求書のクレジットカード払いをご検討中の方は、ぜひ「支払い.com」の導入をご検討ください。

支払い.comで請求書をカード払いする際の流れを解説!

さて、そんな便利な支払い.comですが、利用はとても簡単です。下記の流れで支払いが行われます。

  1. 支払い.comにユーザー登録する
  2. 請求額・支払い先の口座情報を入力し、お手持ちのクレジットカードで決済
  3. 支払い.comが立て替えて支払い先へ請求金額を振込
  4. クレジットカード会社が銀行口座から手数料と請求金額を引き落と

そのため、必要なのは振込情報の登録のみ。必要書類や審査もなく、スピーディーに利用できます。

請求書カード払い以外の資金繰りの方法とは?

請求書のクレジットカード払いは支払いを先延ばしすることができ、資金繰りに有効な手段です。

そこで、請求書クレジットカード払い以外の資金繰りについても、あわせて解説します。

請求書カード払い以外の資金繰りの方法とは?

融資

融資とは「お金を借りること」です。主に事業用の資金を金融機関や公的機関から借りることを指します。お金を借りる側は融資を受けた金額に利子を上乗せして返済することが一般的です。そのため、融資を受けるためには、融資を受ける側に返済能力があるか融資をする側が審査を行います。

  • 融資のメリット
    • 金融機関などから直接借り入れるので出資と異なり第三者の経営介入を受けることがない
  • 融資のデメリット
    • 返済の義務が生じる
      事業に利益が生じてもその一部を返済に充てる必要があるため、手元に残る金額が減ってしまいます。あわせて利息の支払い義務も発生するので、より手元に残る金額が減ることになります。
    • 審査がある
      返済能力や信用情報などが確認されたうえで金融機関の基準に満たない場合は、融資を受けることができないということもあり得るので注意が必要です。

出資

出資とは「投資家やベンチャーキャピタルが事業用資金を提供すること」を指します。融資と違い、出資には資金の返済義務が発生しません。その一方で、投資した側には出資比率に応じた議決権(株主総会に参加し票を入れることができる権利)や事業が成功した際に配当を受ける権利が与えられることが一般的です。

  • 出資のメリット
    • 資金が返済不要のため創業当初の資金調達手段になる
    • 投資家からアドバイスを受けることができる
    • 投資家のネットワークを有効活用できる
    • 事業の成功に向けて本気の協力を得られる
  • 出資のデメリット
    • 出資比率によっては経営権を握られて機動的に事業ができなくなる可能性がある
    • 投資家のために一定期間で事業を大きく成長させる覚悟が必要である
    • 投資家とのコミュニケーションコストがかかる

手形割引

手形割引とは「約束手形を満期より前に銀行や手形割引業者に買い取ってもらい現金化する」という資金調達方法です。約束手形を保有している側は、買い取ってもらう側に割引料を支払う必要があるため、手形の満額から割引料を差し引いた金額の現金を受け取ることができます。

  • 手形割引のメリット
    • 早期に現金化できる
      手形の支払いまでの期間は3~4ヶ月と長いものが多いですが、手形割引を利用することで必要なタイミングで資金調達ができ資金繰りのリスクを減らすことができます。
    • 審査が通りやすい
      手形割引の審査は受取人よりも手形振出人の信用力が重視されるため、自社の業績が振るわない場合でも審査に通りやすいです。
  • 手形割引のデメリット
    • 割引手数料がかかる
    • 不渡りのリスクがある
      手形割引には、償還請求権という回収できなかった売掛金や手形を銀行や手形割引業者が利用者に請求できる権利があります。そのため、約束手形が不渡りになった場合、手形割引を依頼した側は満額と利息を加えた金額を弁済しなければなりません。
    • 手形の金額を分割しにくい
      振出人の同意などがない限り手形を分割して現金化することは難しいです。振出人の同意もしくは紙の手形の代わりに、電子化された金銭債権を扱っている電子記録債権を利用し、分割して受け取らなければなりません。

ファクタリング

ファクタリングとは「売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却して資金を調達する」資金調達方法です。ファクタリング利用者は売掛金から手数料を差し引いた金額の現金を受け取ることができます。ファクタリングは銀行などからの借り入れや融資ではないため、負債が増えないのが特徴です。

ファクタリングにはファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間で契約する2社間ファクタリングと、ファクタリング利用者とファクタリング会社と取引先の3社間で契約する3社間ファクタリングの2種類があります。

  • 2社間ファクタリングのメリット

取引先に売掛債権を売却したことが知られません。取引先にファクタリングを利用していることが知られると、資金繰り悪化を懸念されてその後の取引に悪影響が及ぶ可能性がありますが、2社間ファクタリングであればその心配をする必要がないことがほとんどです。

  • 2社間ファクタリングのデメリット

手数料が高額な点がデメリットです。2社間ファクタリングの場合ファクタリング会社は取引先を十分に審査することができない場合が多く、リスクが高くなってしまうためです。

  • 3社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングに比べて手数料を安く抑えられます。3社間ファクタリングの場合ファクタリング会社は取引先をしっかりと審査できることに加えて、ファクタリング会社は取引先から直接債権を回収できるためです。

  • 3社間ファクタリングのデメリット

取引先に売掛債権を売却したことが知られてしまう点がデメリットです。企業の信用に関わる問題になり、特に新規取引先や大手企業の場合ファクタリングを実施したことで取引を減らされてしまう可能性もあるため注意が必要です。

ファクタリングのメリット・デメリットや賢い使い方については以下の記事を参照ください。

資金繰りに悩みがあるなら「支払い.com」のご検討を

請求書のクレジットカード払いの仕組みやその他の決済方法との違い、クレジットカード払い以外の資金繰りの方法、クレジットカード払いのメリット・デメリット、クレジットカード払いの流れを解説してきました。

請求書の支払い方法にも資金繰りにもさまざまな方法がある中で、請求書のクレジットカード払いがとても手軽で負担なくできる資金繰りの方法だということをご理解いただけたのではないでしょうか。なお、請求書のクレジットカード払いは借り入れには当たらないため、信用情報に傷をつけることはないので融資を予定している場合でも安心してご利用いただけます

その一方で、請求書のクレジットカード払いは一時的な資金繰りに有効的な方法のため、1年単位など長期の資金繰りをご検討の方は融資など他の方法が効果的であることも解説しました。

資金繰りにお困りの方はそれぞれの企業の状況に合った資金繰りの方法を選ぶことができるよう、ぜひこの記事を参考に検討してみてください。

資金繰りに困った際には、「支払い.com」を利用して支払いを先延ばしにすることもおすすめです。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

 支払いを最長60日先延ばしできる! 

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

資金繰り改善としてファクタリングがありますが、支払い.comとファクタリングは全く異なる仕組みのサービスです。

  • 支払い.com:支払いを遅らせる
  • ファクタリング:入金を早める

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次