支払い.comとはどんなサービス?手数料やメリット、利用方法を解説

支払い.comとはどんなサービス?手数料やメリット、利用方法を解説

3行でまとめると…

  • 支払い.comは、「請求書のクレジットカード払い」で支払いを最長60日延長できる##first
  • 支払い.comは、オンラインで手続きが完結し、比較的安価な手数料で利用できる##second
  • 資金繰り改善ならまずは支払い.com 。手数料4%・審査なしで支払いを最長60日先延ばし!

    ##matome

「資金繰りにおいて、最も頭を悩ませるものは?」という質問に対し、多くの事業者様が挙げるのはやはりキャッシュアウト、つまり「支払い」についてではないでしょうか。特に材料仕入・商品仕入に関わる支払いは、営業上不可欠かつ金額も大きく、期日に遅れることで事業継続に支障が出ます。また、こうした遅延は社会的信用を失うリスクにもつながります。

「本当なら支払い期日を延長したい、でも取引先に直接頼み込むのは避けたい……」そんな悩みを抱える事業者の皆さまに是非ともご紹介したいのが、株式会社UPSIDERと株式会社クレディセゾンが共同運営する「支払い.com」です。

本記事では、支払い.comのサービス概要や本サービスのメリット、利用方法、利用上の注意点について徹底解説します。

監修者 寺田真之(税理士・公認会計士)

監修者

寺田真之公認会計士・税理士事務所合同会社HAKU代表。公認会計士・税理士として、多種多様なクライアントの税務を支援。大手会計事務所での上場企業の対応経験から個人の申告まで業種問わず幅広く対応し、税務申告に関しては独立以後延べ1,000件以上の申告を行う。
【保有資格】
・税理士(登録番号:140541)
・公認会計士(登録番号:36029)
【経歴】
・東京理科大学工学部 卒業
・2013年〜2019年:KPMGあずさ監査法人にて会計に携わる
・2019年〜2023年:BlueWorks株式会社 代表取締役、税理士法人BlueWorksTax 社員税理士
・2023年〜:現職

目次

支払い.comとは?

支払い.com」という名前を初めて目にする、という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方々に向けて、まずは支払い.comがいったい何に使えるサービスなのか、概要からご説明しましょう。

支払い.comは「請求書のクレジットカード払い」ができるサービス

支払い.comは、お手持ちのクレジットカードの限度枠を利用して、請求書の支払いをクレジットカード決済で行うことで、事業取引の支払い期日を延長できる「支払い延長サービス(後払い・掛け払いサービス)」と呼ばれるものです。

請求書のクレジットカード払いに関しては、以下のリンクから関連記事をご覧ください

「送金日が迫っているのに手持ちの資金が足りない」「取引先からの入金日のはずがいつまで経っても入金されない」といった緊急性の高い状況で効果を発揮します。

支払い.comでは期日から最大60日間の延長が可能であるため、こうした資金ショート目前の危機に対して、十分な猶予を確保して対応することができるでしょう。さらに「毎月、取引先からの入金前に支払いが来てしまい、常に資金繰りがカツカツ」といった状況の解決にも、本サービスは役立ちます。任意のお取引について支払いサイトを延長することで、支払いのタイミングを分散させ、手元のキャッシュに余裕をもたせることができるのです。

UPSIDERとセゾンカードが共同で提供

支払い.comは、新進気鋭のフィンテック企業である「株式会社UPSIDER」と国内のクレジットカード大手「株式会社クレディセゾン」により共同運営されています。長年の業歴をもつ信販カード会社の信頼・ノウハウと、フィンテック企業ならではのビジネス決済サービスの提案力が融合したサービスです。

また、支払い.comは両社のUPSIDERカード・セゾンカードの登録にも対応しており、これらのカードを登録することでより便利に支払い延長サービスを利用することができます。

支払い.comの6つのメリット

ここからは、支払い.comのメリットや、本サービスならではの強みについて解説します。

支払い.comの6つのメリット

支払いを最長60日延長できる

支払い.comを使えば、最大60日まで支払いを延長することが可能です。約2か月もの期間を作れるため、資金繰りを大幅に改善できます。

以下に利用シーンの例を挙げます。

6月30日が支払期限の請求書が手元にありますが、現状のキャッシュでは支払いできそうにありません。

そこで、支払い.comを利用して、請求書の支払いをカード払いで行います。

①振込実施予定日の2営業日前の12:00までに振込情報を登録します。この例では6月28日の12:00が期限です。

②6月30日当日、支払い.comが振込を代行します(この時点では銀行口座から代金は引き落としされません)。

③後日、「支払い金額+手数料」がカード利用料金として口座から引き落とされます。

この場合、カード締め日が15日/翌月末日払いだとすると、口座から金額が引き落とされるのは8月31日となり、2ヶ月間支払いを延長できたことになります。

月末締め翌月未払いに関しては、以下の記事で詳しく紹介されているため、ご覧ください

クレジットカードだけで利用可能

支払い.comはクレジットカードを登録するだけで利用でき、審査や提出が必要な書類などもありません。

クレジットカードの種類については、全てのセゾンカードのほか、MastercardVISAカードが利用可能です。VISAカードであるUPSIDERの法人カードももちろん利用いただけます。

複数カード枠を合算できる

支払い.comでは、複数枚のカードの限度枠を合算することが可能です。

利用枠の小さいショッピング用の個人用カードはもとより、利用枠の上限が大きい事業用カードであっても、利用枠によっては支払い金額に対して枠が不足する状況も考えられます。

そんな場合、支払い.comでは複数のカードに支払いを分散させることができます。

「カード1枚では足りないが、手持ちの限度枠を合算できれば支払い金額を満たせる」というケースでは、支払い.comが効果を発揮します。

詳しくは下記の公式FAQを参照ください。

振込金額がクレジットカードの限度額を超えてしまう場合、どうすれば良いですか?

オンラインで手続きが完結

利用開始時のクレジットカードの登録から支払期日前の延長申し込みまで、すべての手続きがオンラインで可能なことも支払い.comのメリットです。

支払い延長が必要となるタイミングでは、本業に加えて経理事務の対応などに追われ、できるだけ業務外で時間を使いたくないというのが本音でしょう。

支払い.comであれば、実際に金融機関の窓口などへ足を運ぶことなく、事務所や会社にいながら最短60秒で延長の手続きを済ませることができます。

支払い.comを通じた即日の資金調達については、以下の記事を参考にしてください

手数料も比較的安価

支払い.comの手数料率は、支払い金額の4%と比較的安価なことも特徴です。

支払い.comと同じく短期間での資金繰り改善が可能な手段としてファクタリングがありますが、ファクタリングの場合、5~15%程度が手数料率の相場です。一方で支払い.comは、金額こそお手持ちのクレジットカードの限度枠が上限ではあるものの、手数料も条件によらず一律4%です。

そのため、支払い.comであれば高い手数料によってさらに資金繰りが圧迫される心配も少なく済むといえるでしょう。

この手数料の低さから、緊急時でなくとも普段から、キャッシュフローの改善に利用することも可能です。

キャッシュフローの改善については、以下の関連記事から詳しく知ることが出来ます

取引先に利用を知られないので安心

支払い.comでは、振込人の名義を自由に指定することができ、サービスを利用しても取引先に何らかの通知が行くことはありません。そのため、支払い.comを利用した事実を知られることなく、資金繰りを緩和することが可能です。

もし取引関係のない会社名から振込があった場合、取引先は何の振込なのかが分からず混乱が生じてしまいます。そればかりか、支払い延長サービスを利用していたことがわかれば、資金繰りに困窮していることが伝わってしまい、取引内容を再考されてしまう可能性すらあります。

そのため、支払い.comでは振込人の名義を指定できるようになっており、取引先に余計な心配をかけることなくサービスをご利用いただけます。

支払い.comの利用方法

では、実際に支払い.comを利用するためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。ここでは大きく4ステップに分け、利用までの流れを解説します。

支払い.comの利用方法

クレジットカードを用意する

まずは支払い.com利用の大前提となる、クレジットカードを準備しておきましょう。

登録するクレジットカードは、セゾンカード・Mastercard・VISAカードのいずれかであれば、個人用・事業用どちらでも利用できます。

もっとも、事業用カードは利用限度枠の上限が大きく設定されており利用の幅が広いだけでなく、個人カードの登録によって個人消費の決済と事業取引の決済が混在することは会計・経理上も望ましくありません。

そのため、これから新規で作成する場合は事業用カードがおすすめです。特に、各種セゾンカード・UPSIDERカードの利用では、他カードでは支払い期日2日前までの延長申し込みが必要なところ、期日1日前の正午まで受付可能になるというメリットがあります。

ユーザー登録を行う

クレジットカードが手元に届いたら、利用に先立ってユーザー登録を行いましょう。ユーザー登録はオンラインで最短60秒で完了します。

  • 会社名
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード

などの情報をフォームへ入力するだけで、登録の手続きが完了します。

もちろん、支払いを登録したい直前にユーザー登録を行うことも可能ですが、振込には最短で1営業日かかるため、事前のご登録をおすすめします。

支払い.comに振込情報を登録

支払い.comに登録したい振込情報は、支払い期日の2営業日前(セゾンカード・UPSIDERカードのみ1日前の正午)まで登録可能です。

振込先の口座情報・金額などをフォームへ入力し手続きが完了すると、この時点で預り金として振込金額に加えて手数料がカード決済されます。

支払い期日には、ご指定の名義で支払い.comから振込を行います。

クレジットカード会社へ代金を支払い

無事に振込が行われたあとは、クレジットカードの利用料金の引き落とし日までに口座へ振込金額+手数料分を入金しておく必要があります。

なお、ここでは支払い.comへ直接料金を支払うのではなく、あくまでご利用いただいたカード会社を通しての決済となります。経理事務や仕訳などの際はご注意ください。

支払い.com利用上の注意点

簡単に利用をはじめることができ、メリットも多岐にわたる支払い.comではありますが、利用における注意点もいくつか存在します。ここでは事前に知っておいていただきたい点や、申込み時の注意点についていくつか解説しましょう。

支払い.com利用上の注意点

利用できるカードの種類に制限あり

クレジットカードの中には、支払い.comで利用できないものがあります。

まず、ここまで利用可能なカードの筆頭としてご紹介してきた「セゾンカード」は、幅広い提携カードの総称です。その中にはMastercard・VISAカード以外にも、アメリカン・エキスプレス(AMEX)や、JCBカードといった国際ブランドが含まれています。

これらAMEX・JCBの両ブランドについては、セゾンカードにより発行されたもの以外は登録することができないため、特に注意が必要です。

対してMastercard・VISAの2ブランドについては、セゾンカードでなくとも登録が可能となっています。

また、すべてのブランドにおいて国内発行のカードのみが登録できることも覚えておきたい点です。海外で発行されたものについては、セゾン・Mastercard・VISAのいずれも登録することができません。

ここまで解説してきたカードの登録可否は以下のとおりです。

利用できるカード利用できないカード
・セゾンカード(AMEX、JCBも可)
・Mastercard(セゾンカード以外も可)
・VISAカード(同上)
※国内発行のカードに限る
国外発行カードすべて
・セゾンカード以外のAMEX、JCBカード

お手持ちのカードが利用できるかどうかの確認の流れ

  1. お手持ちのクレジットカードが国内または国外、どちらで発行されたものかを確認しましょう。国外発行のものは登録できません。
  2. Mastercard・VISAであれば、全て登録可能です。
  3. AMEX・JCBの場合、セゾンカードであれば登録可能です。

分割・リボ払いは原則利用できない

支払い.comでは、クレジットカードによる決済は一括払いのみに対応しています。資金繰りのさらなる余裕を求めて、分割払いやリボ払いで決済を行うことはできないため、この点には注意が必要です。1度の支払日における延長期限はあくまで60日が最長で、分割・リボ払いにより実質的にそれ以上延長することはできないことになります。

ただし、一括払いの登録が完了した後、カード会社によっては分割払いやリボ払いに変更できる場合があり、その場合は分割払いやリボ払いも利用可能です。詳しくはお手持ちのクレジットカード会社に確認してみて下さい。

海外送金には使用できない

使用できるクレジットカード・支払い方法のほかに、振込先の銀行口座にも制限があります。それは、国外の銀行口座への振込(海外送金)については利用できないということです。

この背景としては、いわゆる外為法や犯罪収益移転防止法の存在があります。海外送金はマネーロンダリング防止の観点などから確認事項が多く、個々の事業取引に関して利便性・安全性が確保できなくなるためです。

他の資金調達手段との違い

ところで、「わざわざ支払い期限を延長しなくても、どこかから決済のための資金を調達してくればよいのでは?」と疑問に思う方もいるでしょう。しかしながら、資金調達の方法はそれぞれ一長一短な面もあり、一概に事業存亡の瀬戸際での資金繰りに向いているとは限りません。

ここでは、企業の資金繰りでよく利用される、4つの資金調達手段について、支払い.comと比較した際のデメリットについて見ていきましょう。

他の資金調達手段との違い

融資:審査に時間がかかる

お金にまつわる緊急事態の解決手段と聞いて、まず融資を思い浮かべる方は少なくないでしょう。

金融機関・ビジネスローン業者など、事業者に対して融資を営む機関・企業は数多く存在しますが、いずれの融資元にせよ、融資を受けるにはまず審査を通過しなければなりません。

審査時には決算書(または確定申告書)・試算表・資金繰り表といった事業の実績や、現在の経営状況を示す書類を提出する必要があります。加えて、預金・不動産といった担保物件や連帯保証人、あるいは信用機関からの保証を求められる場合も多く、なかなか一筋縄では行きません。さらに必要な書類・物件が揃っていたとしても、審査には数週間~1ヵ月ほどの時間を要することもあり、緊急時に必要なタイミングで融資を受けられるとは限らないのが実情なのです。

出資・クラウドファンディング:時間がかかり、確実性に欠ける

新規株式を市場へ公開する公募増資や、民間から広く資金援助を募るクラウドファンディングは、優待や返礼品などの条件にもよりますが、基本的にキャッシュによる返済の必要がない資金調達手段です。

成功すればリスクを抑えて資金を手にすることができる反面、実際に資金が集まるかどうかは投資家や支援者の判断に委ねられます。もし、慢性的に経営状況が芳しくないことが理由で資金ショートが迫っているなら、当然その会社に投資・支援したいと考える人は少なくなってしまうでしょう。また、株式会社の増資では株主が増えることで、会社の自由な意思決定が難しくなるという側面もあります。

つまりは必ずしも即時調達できず、確実性に欠けるため、これも緊急時の資金調達にはあまり向いていないといえるでしょう。

手形割引:時間がかかり、手形取引がないと利用できない

手形割引は、決済手段として取引先から「約束手形」を受け取っている企業が使える資金調達方法です。

約束手形は古くから商取引で使われてきた決済手段で、振出人指定の期日を過ぎてから金融機関に持ち込むことで換金が可能になります。この期日前に、金融機関または割引業者にて所定の割引料を差し引いて現金化を行うのが手形割引です。

手形割引は比較的短時間での資金調達が可能ですが、形は違えど融資の一種であることからやはり審査を挟み、数日程度の時間がかかります。

また、審査では主に振出人の信用力が重視され、振出人の経営状態が悪化している場合には利用できない場合があるため注意が必要です。例えば「大口の取引先の経営が傾き、入金が遅延していて、しかもその会社からしか手形を受け取っていない」といった状況では、割引できないおそれもあるということになります。

ファクタリング:売掛債権がないと利用できない

ファクタリングは期日前の売掛債権をファクタリング業者へ持ち込み、手数料を支払うことで売掛金の一部または全部を現金化する方法です。一見すると手形割引の売掛債権版にも見えますが、こちらは手形割引の契約に盛り込まれている「償還請求権」が設定されていません。融資ではなく債権の売却であるため、万が一売掛金の回収前に売掛先企業が倒産しても、現金化した事業者側に支払い義務は生じないメリットがあります。

現金化までが早く、即応性もあるため緊急時の資金調達にも利用しやすいですが、注意点もあります。ファクタリングは、そもそも売掛債権が存在しない場合や、支払期日を過ぎている場合は利用できないのです。つまり「一時的に売上が立たず、資金が足りない」「未回収の売掛金(不良債権)が増えてきて、資金繰りが回らない」というような状況の解決には向いていないことがわかります。

ファクタリングのデメリットや法人向けの金策についてさらに知りたい方は、以下の記事をご覧ください

資金繰りに悩みがあるなら「支払い.com」のご検討を

支払い.comは信販業務の老舗・クレディセゾンと、フィンテックの新鋭・UPSIDERが共同で提供する、クレジットカードだけで使える支払い延長サービスです。他の資金調達手段にはない多くのメリットを有しながら、手数料率は一律4%に抑えられた使い勝手のよいサービスで、ユーザー登録しておくだけでもいざという時の備えになります。一部、使用できないクレジットカードや海外送金不可といった注意点に気をつけて、ぜひ事業前進のための資金繰り緩和にお役立てください。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

 支払いを最長60日先延ばしできる! 

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

資金繰り改善としてファクタリングがありますが、支払い.comとファクタリングは全く異なる仕組みのサービスです。

  • 支払い.com:支払いを遅らせる
  • ファクタリング:入金を早める

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次