ファクタリングの手数料を徹底解説!手数料を抑える方法もとは?

ファクタリングの手数料を徹底解説!手数料を抑える方法とは?

3行でまとめると…

  • ファクタリングの手数料は信頼性や売掛金、支払い期日で決まる##first
  • 資金不足に対応するなら支払い期限延長サービスも選択肢になる##second
  • 資金繰り改善ならまずは支払い.com 。手数料4%・審査なしで支払いを最長60日先延ばし!

    ##matome

ファクタリングの利用を検討しているものの、売掛金の金額はそう小さなものでもないため、手数料に関する知識をしっかり備えておきたいと考えている方も少なくないでしょう。

手数料の相場はいくらくらいなのか、どういった基準で手数料が決まるのか、抑える方法はあるのかなど、この記事を読み終われば、あらゆる疑問点を解消できます。

手数料に関する知見を蓄えれば、ファクタリングの利便性も大幅に向上します。資金集めを検討している方は、ぜひ本記事を最後までご一読ください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

ファクタリングにかかる手数料の相場は2社間・3社間で異なる

ファクタリングには取引に関わる会社の数に応じて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。

それぞれの取引形態では仕組みが異なっており、手数料の相場にも差があるため違いを理解する必要があるでしょう。

ここでは、「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の主な仕組みと手数料について解説します。

ファクタリングの基本的な仕組みを理解して、自社の都合に合ったサービスを選べるようになりましょう。

ファクタリングにかかる手数料の相場は2社間・3社間で異なる

2社間ファクタリング【利用者・ファクタリング会社】

2社間ファクタリングでは「利用者」と「ファクタリング会社」の2社のみが債権の取引を行う仕組みになっています。

【主な流れ】

①売掛金が発生する

②利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却する

③ファクタリング会社が利用者に売却代金を支払う

④売掛先から利用者に売掛金が支払われる

⑤回収した売掛金をファクタリング会社に支払う

利用者が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却して資金を調達した後に、売掛先から利用者に対して売掛金が支払われます。

そのため、売掛先とファクタリング会社の間では取引は発生しません。

2社間ファクタリングの特徴としては、利用時に売掛先の承諾を得る必要がないため、より短期間での資金調達が可能です。

ただし、売掛金を回収するのは利用者でもあり、回収できないリスクがあるため手数料が相場よりも高く設定されています。

3社間ファクタリング【利用者・ファクタリング会社・売掛先】

3社間ファクタリングでは、売掛債権をファクタリング会社に売却した後、売掛先がファクタリング会社に対して売掛金を支払う仕組みになっています。

【主な流れ】

①売掛金が発生

②ファクタリングの利用の承諾を得る

③利用者が売掛債権をファクタリング会社に譲渡する

④ファクタリング会社が利用者に売却代金を支払う

⑤売掛先からファクタリング会社に対して売掛金が支払われる

上記のように2社間ファクタリングとは異なり、売掛先が金額を支払う相手が、利用者からファクタリング会社に変わっています。

3社間ファクタリングの特徴としては、2社間ファクタリングと比較して手数料が低く設定されていることが多く、売掛金の回収をファクタリング会社が行うため利用者の手間は少なく済みます。

しかし、売掛先が債務を履行する相手方が変わるため、ファクタリングの利用には3社間での同意が必要になり、資金調達まで時間がかかってしまいます。

ファクタリングにかかる手数料の金利を決定する基準

ファクタリングの利用によって発生する手数料は以下の基準によって決まる傾向にあります。

ファクタリングにかかる手数料の金利を決定する基準

ファクタリング利用者の信頼性

ファクタリングの利用者の信頼性が高いと手数料の金利が低く抑えられる傾向にあります。

もちろんファクタリング会社にとっては売掛金の回収が重要になるため、売掛先の信頼性が重要となるのですが、利用者に対しても信頼性が求められます。

例えば、2社間ファクタリングの場合、利用者がファクタリング会社に対して売掛金を支払う形になるため、きちんと入金してくれるかどうかの判断が重要です。

そのため、利用者の経営状況や人柄など、総合的な信頼性から回収リスクが見積もられて金利が決定します。

売掛先の信頼性

ファクタリング会社は売掛先から得る売掛金を買い取るため、売掛先の信頼性が手数料の金利に大きな影響を与えます。

売掛金の回収リスクが高く、貸倒れの可能性が高いとファクタリング会社にとっては金利を高く設定し、リスクを抑えるしかありません。

そのため、売掛先が大手企業であったり、経営状況が良好だったりする場合には、支払う手数料を低く抑えられるでしょう。

売掛金の金額

ファクタリングで利用する金額が高くなるほど、手数料の金利を低く抑えることができます。

数十万円程度の金額の低い売掛債権だと、金利は高く設定されてしまいます。

ファクタリング会社にとっては高額な案件の方が利益につながりやすいため、金額が高額になる場合は手数料の金利を低く設定してくれる場合が多いでしょう。

支払期日の日数

売掛債権の支払期日までの日数が少ないほど回収リスクが低いと判断されるため、手数料が低く設定される傾向にあります。

ファクタリングの手数料は、売掛債権が回収できるかどうかが大きな影響を与えます。利用する前にどのくらいの日数であれば返済ができるかを予め計算しておくことはもちろん、早められる場合は迅速に対応しましょう。

そもそもファクタリングの手数料はどこにかかっている?

ファクタリングの利用時に発生する手数料ですが、そもそも手数料を何のために支払っているのかと疑問に思う方もいるかもしれません。ここでは、ファクタリングの手数料は何のためにあるのか詳しく解説します。

そもそもファクタリングの手数料はどこにかかっている?

手数料(金利)を会社の利益としている

まず大前提として、ファクタリング会社は一時的に「お金を貸す」サービスを提供しています。貸し付けた金額をそのまま回収することはもちろんですが、全額が戻ってくるだけでは企業として利益を出すことができません。そのため、手数料(金利)部分が利益となりビジネスを行っています。

基本的には「売掛債権の金額」と「買い取った売掛債権の金額」の差額がファクタリング会社の利益となります。

登記費用として

ファクタリングでは売掛金という債権を譲渡する契約を行う際に「債権譲渡登記」を行うケースがあります。

主な目的としては二重譲渡を防いでファクタリング会社のリスクを抑えるためですが、登記を行うにあたり、数万円程度の費用が発生します。

そのため、債権譲渡登記を行うファクタリングサービスでは、手数料が高めに設定されている傾向にあります。

ファクタリングの手数料を抑える3つのポイント

ファクタリングの手数料を抑えたい場合は、以下の3つの方法を検討しましょう。簡単にできることばかりですが、それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

ファクタリングの手数料を抑える3つのポイント

3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと比較すると手数料が低く設定されている傾向にあります。

3社間ファクタリングではファクタリング会社が直接売掛先から売掛金を回収するため、回収リスクが低いことが理由です。

もちろん3社間ファクタリングにおいては取引先の同意を得る必要があり、資金調達までのスピード感にデメリットがありますが、スピードよりもコストを優先する場合はこちらがおすすめです。

ファクタリング会社からの信用を高める

先ほども触れた通り、手数料はファクタリング会社からの信頼性によって大きく変動します。

信頼性を高めるための主な要素としては以下の4つが挙げられます。

  • 債権額が大きい売掛金を売却する
  • 期日まで短い売掛金を売却する
  • 信用力の高い売掛金を売却する
  • 利用実績を重ねる

自社や取引先の信頼性に加えて、繰り返し利用することで培われる信頼もあります。

複数社から見積もりをもらう

ファクタリングの手数料はサービスによって異なるため、複数のサービスから見積もりをもらい、手数料を比較するのがおすすめです。

複数社からの見積もりで手数料を比較すれば、「ファクタリングの手数料相場からすると、これくらいが妥当かな?」といった感覚的なものではなく、着実にコストを抑えることができます。

1社の見積もりしかないと、本当に手数料のコストが抑えられているかを判断するのは難しいでしょう。

「手数料の安さが魅力」と書かれてあっても実際に比較してみると他社よりも高かったというケースもあるので、急いで現金化する必要がある場合以外は、複数社からの見積もりをもらってください。

ファクタリングにかかる手数料で知っておきたい注意点

ファクタリングにかかる手数料について以下の2つの注意点をおさえておきましょう。

ファクタリングにかかる手数料で知っておきたい注意点

審査をしないと実際の手数料は分からない

ファクタリング会社の公式サイトには目安となる手数料の相場が記載されていますが、実際の手数料は申し込み後の審査を受けるまで分かりません。

実際の手数料は売掛債権の金額や取引先の信頼度など、総合的な判断によって決められるためイメージと異なるケースがあります。

そのため、手数料を抑えるには複数社から見積もりを受けて実際の手数料を比較する必要があるでしょう。

ファクタリングの手数料に消費税はかからない

ファクタリングの手数料に対しては消費税は課せられません。

債権を譲渡して得た資金は「非課税売上高」に含める必要はなく、消費税が請求されることはありません。

ファクタリング会社との契約時に消費税の項目で料金が請求されていた場合は、きちんと説明してもらうようにしましょう。

資金調達にお困りなら支払い期限を延長できるサービスも検討を

売掛債権を現金化して資金調達ができるファクタリングだけでなく、買掛金の支払い期限を延長するサービスによっても資金不足に対応できます。

支払い期限の延長サービスでは、取引先に対する請求書の支払いを先延ばしにできます。

ファクタリングが手元の資金を増やすサービスだとすれば、支払い期限延長サービスは手元資金を減らさないサービスというイメージです。

状況に応じて自社に合ったサービスを選んでみてください。

手数料が安くて利用しやすいおすすめのファクタリングサービス5選

手数料の安さに魅力があって利用しやすいファクタリングサービスを紹介します。今回ピックアップしたのは以下の5社です。では、それぞれのサービスのおすすめポイントや特徴を詳しくみていきましょう。

手数料が安くて利用しやすいおすすめのファクタリングサービス5選

最短2時間で資金調達できる『QuQumo』

QuQumoは、オンラインでの利用に対応したスピード感が魅力のファクタリングサービスで、申し込みから最短2時間での資金調達が可能です。

手持ちの請求書をスピーディーに現金化できるため、資金不足の問題を速やかに解決できるでしょう。

来店不要でオンライン対応となっており、どの地域の会社でも利用できますし、業界トップクラスの手数料で低コストなのも魅力です。

手数料は最小で1%〜となっているため、金銭的なデメリットも最小限に抑えられますし、債権譲渡登記の設定が不要になっているため、よりスピーディーにファクタリングができます。

手数料の低さや申し込みから現金化までのスピード感のあるファクタリングとして、スピード感やコスパを求める方におすすめです。

審査通過率98%と利用しやすい『ビートレーディング』

ビートレーディングは、審査通過率が98%と非常に高いため、手持ちの請求書をより確実に現金化できるファクタリングサービスです。

信頼性の高さが利用者から評価されており、累計4.6万社の利用実績があるなど人気のサービスとなっています。

スピード審査によって申し込みから最短2時間での資金調達にも対応していますし、オンライン対応によるスムーズな手続きも実現しています。

受注時点での注文所ファクタリングにも対応しているため、できるだけ早く資金を調達したい方にも向いているでしょう。

個人事業主の利用も可能な『ベストファクター』

ベストファクターは、法人だけでなく個人事業主を対象にしたファクタリングサービスも提供しています。

個人事業主の方でも売掛金があれば現金化ができるため、手元の資金を安定化させることが可能です。

ファクタリングの手数料は2%〜と低い設定になっていますし、申し込みから最短24時間での即日入金にも対応しています。

3社間ファクタリングだけでなく、2社間ファクタリングにも対応しており、取引先に内緒で資金調達したい方にもぴったりです。

万が一、売却した売掛金の回収が困難になった場合でも、利用者に保証が求められない仕組み(償還請求権なし)な点も安心できます。

土曜日も営業している『ファクタリングzero』

ファクタリングzeroは、西日本地域の法人や個人事業主を対象にファクタリングサービスを提供しています。

平日だけでなく土曜日も営業しているため、急な資金調達にも対応できる利便性の高さが魅力です。

手数料は1.5%〜と低めに設定されており、最短30分での審査完了からの即日入金にも対応しています。

審査通過率は96%と高いので、より確実に資金調達をしたい方におすすめです。

債権譲渡登記も原則行わない方針になっていることで、よりスピーディーな対応が可能です。

オンラインだけでなく、電話や郵送、対面など多様な申し込み方法に対応しているのも特徴です。

金額に関わらず、手数料一律4%!『支払い.com』

支払い.com(ドットコム)は、請求書の支払いを後ろ倒しにできるサービスです。

請求書の支払いを支払い.comが立て替えた上で、後日、利用者のクレジットカードに支払い.comが4%の手数料を上乗せして請求する仕組みです。

支払い.comの最大のメリットは、使用するタイミングによっては最長60日間支払いを後ろ倒しにできる点です。資金を用意する期間に余裕が持てるため、企業の資金繰りの改善に役立ちます。

支払い.comの概要は以下の通りです。

最長延期日数60日
対応可能な支払い期日最短1日後の支払いに対応
利用可能額1万円〜カードの上限金額
手数料一律4%
支払い先への通知なし
利用可能ブランドSAISON CARD・MasterCard・VISA
対象者法人・個人事業主
審査/面談不要
必要書類なし
公式サイトhttps://shi-harai.com/

支払い.comの主なメリットは4つです。

  • 支払いを最大60日後ろ倒しにできる
  • 手数料が一律4%と低い
  • 審査や必要書類なしに利用ができる
  • クレジットカードのポイントが貯まる

それぞれのメリットを詳しく解説します。

支払いを最大60日後ろ倒しにできる

支払い.comは、支払いを最大60日間後ろ倒しにできます。

クレジットカードを利用するタイミングによって後回しできる期間は変動しますが、最大約2カ月間、支払いを遅らせることができるため、資金繰りに苦しんでいる企業にとってはうれしいサービスです。

手数料が一律4%と低い

支払いを後ろ倒しにしたり、一時的に支払いを肩代わりしてくれるサービスは、代理で支払った金額を回収できないリスクを抱えているため手数料が高いことがほとんどです。しかし、支払い.comの手数料は一律4%と良心的です。

また、ファクタリングでは利用した金額に応じて手数料も増えていくのが一般的ですが、金額に関わらず一律4%で利用できるのは大きなメリットです。

審査や必要書類なしに利用ができる

支払い.comの申し込み時、クレジットカードの利用ができれば申し込みに必要な書類提出は不要です。すぐに資金を手に入れたい企業にとっては、すぐに申し込み手続きを完了させられるため審査の結果も出やすく、書類を用意したりスキャンしたりする手間もなく非常に便利です。

クレジットカードのポイントが貯まる

支払い.comの利用料金はクレジットカードに請求されます。通常、個人でクレジットカードを利用しているのと同じように引き落とし日に支払いが完了するため支払い忘れもなく、カードに付帯されているポイントも貯められます。

請求書で支払いを続けても、何も還元されないことがほとんどですが、楽天ポイントやマイルなど、カードに付帯されているポイントが貯められればちょっとしたお買い物の支払いにもあてられるため、お得です。

まとめ

ファクタリングの手数料について相場や安く抑える方法を解説しました。

手数料を安く抑えるためには、ファクタリングの仕組み自体をしっかりと把握することや、複数社に見積りを依頼して手数料の比較をするなど、ポイントおさえてじっくりと検討することが大切です。

今回の記事を参考にして、資金不足を解決する上で役に立つファクタリングをお得に活用してみましょう。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

 支払いを最長60日先延ばしできる! 

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

資金繰り改善としてファクタリングがありますが、支払い.comとファクタリングは全く異なる仕組みのサービスです。

  • 支払い.com:支払いを遅らせる
  • ファクタリング:入金を早める

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次