ファクタリングの悪徳業者とは?やばい手口・避け方などを解説

ファクタリングの悪徳業者とは?やばい手口・避け方などを解説

更新日:

3行でまとめると…

  • ファクタリングの悪徳業者は、苛烈な取り立てや巨額の支払い負担の設定をしてくる##first
  • 会社情報・サービス内容・評判を入念にチェックすることで、悪徳業者を見極められる##second
  • 支払い.com は手数料4%で支払いを最長60日先延ばしでき、ファクタリングよりお得

    ##matome

支払い.comの詳細を見る>>

「ファクタリング業界には悪徳業者がいるって本当?」

「悪徳業者が使うやばい手口や、優良企業を選ぶコツを知りたい」

そんな方のため、ファクタリングの悪徳業者に関する情報をまとめました。悪徳業者を避けるコツやおすすめの優良ファクタリング会社もお伝えしているので、ぜひお役立てください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

ファクタリング業界の悪徳業者とは

ファクタリング業界の悪徳業者とは

ファクタリング業界にいるとされる悪徳業者は、以下の2種類に分けられます。

  • 違法業者
  • サービス内容が劣悪な業者

次の項目から、上記2種類のファクタリング悪徳業者について詳しく見ていきましょう。

違法業者

ファクタリング業界には詐欺業者や、偽装ファクタリングなどをする悪徳な違法業者がいると言われています。偽装ファクタリングとは、ファクタリング会社と名乗っておきながら実際には貸付をする悪徳業者などを指します。

ファクタリングは売掛債権の買取サービスであり、貸付ではありません。貸付をする業者は貸金業の登録が必要となるため、ファクタリング会社を名乗り、未登録で貸付をする悪徳業者は違法業者の可能性が高いです。

なお、この点について金融庁は公式サイトで、「貸金業登録を受けていない者がファクタリングを装って貸付をするケースは偽装ファクタリングの疑いがあり、ヤミ金融を利用しないよう十分注意してください」と呼びかけています。

ファクタリングの仕組みについては、以下の関連記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

サービス内容が劣悪な業者

違法とは言えないものの、一般的なファクタリングと比べて著しく悪い条件でサービスを提供している会社も悪徳業者と呼ばれることがあります。例えば「手数料が相場よりも20%以上高い」「契約時に追加請求をしてくる」などのファクタリング会社は、資金調達のために焦っている申込者の弱みに付け込む悪徳業者の可能性が高いでしょう。

このように著しくサービス内容が劣悪な悪徳業者がいる理由として、ファクタリング業を営むための許認可が不要なこと、参入障壁が低いことなどが挙げられます。

ファクタリング悪徳業者の手口

ファクタリング悪徳業者の手口

ファクタリングの悪徳業者は、以下の対応をしてくることがあります。

  • 取り立てがやばい
  • 実際はファクタリングサービスを提供していない
  • 支払負担が大きすぎる

大きな失敗を避けるため、次の項目からファクタリング悪徳業者の手口を確認していきましょう。

取り立てが「やばい」

ファクタリングの悪徳業者は、しつこく電話してきたり営業所に押しかけてきたりと、「やばい」と言われるような取り立てをしてくることがあります。具体的には、ファクタリング会社への支払いができなかった際、「早朝や深夜に電話をしてくる」「会社に居座る」などの例が挙げられます。

ファクタリング悪徳業者の取り立てについて詳しく把握しておきたい場合は、以下の関連記事をご覧ください。大手企業をはじめとした一般的なファクタリング会社の取り立て方法も解説しているので、資金調達時の参考になるはずです。

実際はファクタリングサービスを提供していない

ファクタリング業界には売掛債権の買取サービスと称して、実際には給与ファクタリングなどの貸付をする悪徳業者がいます。給与ファクタリングとは個人の給与を早く買い取ってもらうことで、実際の受取日より前に現金化できるサービスです。

売掛債権の買取であるファクタリングと似ていますが、給与ファクタリングは貸金に該当するため、ファクタリングとは言えないとされています。この点について消費者庁は公式サイトで、「給与ファクタリングなど実際には貸金業となるにも関わらず、貸金業登録をせず、違法な貸付をしている業者があるため注意が必要」と情報発信しています。

支払負担が大きすぎる

手数料が高すぎたり、契約時になって見積額を上乗せしてきたりする手口も、ファクタリングの悪徳業者に見受けられやすいです。ファクタリング手数料の相場は以下をご覧ください。

  • 2者間ファクタリング:8%~18%
  • 3者間ファクタリング:2%~9%

2者間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の2者で契約をするタイプのサービスで、売掛先への通知なしで資金を調達できるケースが多いです。また3者間ファクタリングでは、自社・ファクタリング会社・売掛先の3者で契約するため、ファクタリング会社としては未回収リスクを抑えやすく、手数料が安くなる傾向があります。

ファクタリング利用時に悪徳業者を見極めるポイント

ファクタリング利用時に悪徳業者を見極めるポイント

ファクタリングを利用する際、以下の4点を確認すると、悪徳業者を見極めやすくなります。

  • 会社情報
  • 対応内容
  • サービス内容
  • 評判

上記4つのチェックポイントをどのように確認すれば良いのか、次の項目から順に見ていきましょう。

会社情報

悪徳業者は公式サイトに会社所在地や固定電話などを記載していないケースがあるので、気になるファクタリング会社が見つかった際は、企業情報をチェックしましょう。一般的なファクタリング会社は、所在地・代表者名などを明記しており、連絡先が固定電話のケースが多いです。

また、公式サイトがない場合にも悪徳業者の可能性があるため、注意しましょう。会社情報を確認して不審に感じた場合には、「所在地に会社が実在するか」「固定電話の番号を教えてくれるか」などの方法で、より詳しく調べることをおすすめします。

対応内容

ファクタリングの悪徳業者は以下のように、ずさんな対応をしてくるケースが多いです。

  • 見積りをくれない
  • 契約書がない
  • 提出書類を確認しない
  • ジャンプを提案してくる

ジャンプとは分割払いを認め、毎月利息だけ徴収することを意味します。例えば、「支払いが難しい場合、分割払いでも大丈夫ですよ」「今月は手数料分の支払いだけでも問題ありません」などと言ってくる場合、悪徳業者の可能性があります。

売掛金の買取サービスであるファクタリングは貸金業ではないため、基本的に分割払いができません。そのためファクタリング会社と名乗ったうえで分割払いを認める業者は、悪徳業者の可能性があります。

上記の他にも、説明がわかりづらかったり不親切だと感じたりした場合、「悪徳業者かもしれない」と注意することで、失敗を避けやすくなります。

サービス内容

他のファクタリング会社と比べて、サービス内容が著しく劣る場合や不適切と感じる場合には、悪徳業者の可能性があります。サービス内容から見るファクタリング悪徳業者の特徴は、以下をご覧ください。

  • 手数料が格安・不明瞭・高すぎる
  • 審査がない
  • 書類の提出を求められない
  • どんな売掛債権でも買取可能としている

一般的なファクタリング会社は、売掛金の未回収リスクに備えて妥当な手数料を設定し、審査後に契約をするため、上記に当てはまるとファクタリング悪徳業者の可能性が高いです。そのため手数料が安すぎたり、審査がなかったりするファクタリング会社は、集客のために過度な魅力をアピールしていると考えられます。

また「売掛先が個人でも利用可能」「売掛金が数千円でも対応可能」などとする場合も、一般的なファクタリング会社には見られないサービスである点から、悪徳業者の恐れがあるためご注意ください。

ファクタリングの審査について詳しく知りたい場合、以下の関連記事をご覧ください。

評判

「気になるファクタリング会社が見つかったものの悪い評判が目立つ…」と感じた場合には、悪徳業者ではないかと疑ってみましょう。あまりにも悪い評判があるファクタリング会社は、公式サイトなどからは読み取れない対応をしている可能性があるからです。

具体的には「担当者の態度が悪い」「公式サイトに書いていない料金が発生する」などです。実際に利用した人だからこそわかるファクタリング会社の実態が見えてくるケースがあるので、気になっているファクタリング会社が悪徳業者かもしれないと思った際には評判をチェックしてみると良いでしょう。

その一方で評判はあくまでも個人の主観であり、ライバル企業による虚偽の口コミが投稿されている可能性もゼロではありません。このような点からファクタリング会社の評判を調べる場合は参考程度とし、鵜呑みにしないことも大切です。

ファクタリング関連の悪徳業者に騙されない方法

ファクタリング関連の悪徳業者に騙されない方法

ファクタリング関連の悪徳業者に騙されない方法は、以下の通りです。

  • 基本情報を確認する
  • 相見積もりをとる
  • 契約内容を確認する
  • 相談する

賢く資金繰りを改善できるよう、上記の「ファクタリング悪徳業者に騙されない方法」を順に見ていきましょう。

基本情報を確認する

悪徳業者に騙されたくない場合は、以下を参考にファクタリング会社の基本情報をチェックしておきましょう。

  • 事業所の所在地
  • 固定電話の有無
  • 提出が必要な書類
  • 審査の有無

一般的なファクタリング会社にはない特徴があった場合、悪徳業者の可能性が高まるため、より詳しく調べてみることをおすすめします。例えば「Googleマップで事業所の所在地に会社らしき建物があるか」「評判はどうか」などを確認すると、悪徳業者に騙されづらくなります。

他にも必要書類が少なすぎる場合や審査がない場合には、その理由をファクタリング会社に聞いてみて、回答に納得できないなら悪徳業者ではないかと疑った方が良いでしょう。

特に、必要書類として通帳を求めてこない場合、悪徳業者の可能性が高いと考えられます。ファクタリングには通帳が必要である理由について気になる方は、以下の関連記事で詳しく解説しているため、ご覧ください。

相見積もりをとる

他のファクタリング会社と比較すると、一般的な手数料や対応品質の基準・相場を把握しやすくなるため、悪徳業者を避けやすくなります。急いで資金を調達しなければならない場合、ついつい他社と比較しないまま申し込んでしまいがちです。

そんな時ほど悪徳業者に引っかかりやすい点に注意して、相見積もりを取ってみましょう。少し時間がかかりますが、より良いファクタリング会社を選べたり、悪徳業者に騙されて後悔したりするリスクを減らせるため、「比較しておいて良かった」と感じやすいでしょう。

契約内容を確認する

ファクタリングの悪徳業者を避けるコツとしては、以下のように契約内容をしっかり確認する方法が効果的です。

  • 金銭消費貸借契約書になっていないか
  • 口頭での説明と契約内容に相違点がないか
  • 償還請求権ありの契約になっていないか

資金調達をする時間がなく焦っていると、契約書類などを十分確認しないまま契約をしてしまい、失敗してしまうかもしれません。「公式サイトや電話で確認した契約内容と違って、状況が悪化してしまった…」などと後悔しないよう、契約書をしっかり確認して、悪徳業者を避けましょう。

相談する

ここまでにお伝えしてきた内容をふまえて「このファクタリング会社怪しいかも…」と感じた場合、以下のような悪徳業者に詳しい専門家に相談するのもひとつの手です。

問い合わせ先連絡先
警察#9110
消費者生活センター188
弁護士日本弁護士連合会:弁護士の見つけ方 (nichibenren.or.jp)
金融庁 金融サービス利用者相談室・0570-016811・03-5251-6811(IP電話からの場合)※受付時間:平日10時~17時

急いで資金を調達しなければいけない場合、思わぬ見落としをして悪徳業者に引っかかってしまうかもしれません。そんな時、少し冷静になって悪徳業者に詳しい専門家に相談をすると、より適切に資金調達をするためのアドバイスをもらえる可能性があります。

無料で相談できるケースもあるため、悪徳業者の利用を避けるためにも、状況に応じて専門家への相談を検討しましょう。

悪徳業者を避けたい人必見!優良ファクタリング会社の特徴

悪徳業者を避けたい人必見!優良ファクタリング会社の特徴

悪徳業者を避けたい場合、以下の「優良ファクタリング会社の特徴」に注目しましょう。

  • 積極的に情報を発信している
  • 対応が丁寧
  • サービスの種類が多い

上記3点をどのように確認すれば良いのかについて、次の項目から解説していきます。

積極的に情報を発信している

悪徳業者を避けて優良なファクタリング会社を選びたい場合、会社情報や資金調達に関する情報を積極的に発信しているかどうかを見てみましょう。具体的には以下のような情報を発信している企業は、優良ファクタリング会社の可能性が高いです。

  • 会社所在地
  • 代表者名
  • 会社の沿革
  • 事業内容
  • 会社の沿革
  • ファクタリングなどのお役立ち情報

優良ファクタリング会社は自社の情報をしっかり開示するとともに、適切にファクタリングを活用して欲しいと考えているケースが多いです。そのため各申込者に合った方法で資金調達できるよう、事業経験などを活かし、ファクタリング関連の情報などを積極的に発信する傾向があります。

これらの点から悪徳業者を避けて優良ファクタリング会社を選びたい場合には、積極的に情報発信をしているかどうかをチェックすることをおすすめします。

対応が丁寧

優良ファクタリング会社は悪徳業者と違い、説明や書類がわかりやすい傾向があります。不明点について丁寧に説明してくれたり、見積書や契約書に手数料が明記されていたりと、利用者に配慮してくれるファクタリング会社は優良企業の可能性が高いです。

基本的に優良企業は長期的な発展を目指すため、利用者目線でサービスを提供し、実績や良い評判を高めていく傾向があります。反対に目先の利益を重視し、自社のことしか考えていない会社は悪徳業者の可能性があるため、優良ファクタリング会社を選ぶ際には対応品質をチェックしましょう。

サービスの種類が多い

提供サービスが多い会社は、ファクタリング関連の事業に精通していると考えられるため、悪徳業者を避けて優良企業を選びたい方におすすめです。例えば以下のように複数のサービスを提供しているファクタリング会社は、優良企業の可能性が高いでしょう。

  • 2者間ファクタリング
  • 3者間ファクタリング
  • 注文書ファクタリング

上記以外にも、財務コンサルやファクタリング以外の資金調達法をサポートしてくれるファクタリング会社もあります。ファクタリング関連の悪徳業者を避けて優良企業を選びたい場合には、どのような資金調達サービスを提供しているかどうかを確認しましょう。

悪徳業者に騙されたくない人おすすめの優良ファクタリング会社

悪徳業者に騙されたくない人おすすめの優良ファクタリング会社

ファクタリング悪徳業者に騙されたくない方には、以下の優良企業をおすすめします。

スクロールできます
ファクタリング会社名取引の種類取引可能額手数料資金調達にかかる日数
ビートレーディング2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング無制限2者間ファクタリング:4%~12%程度3者間ファクタリング:2%~9%程度最短2時間
日本中小企業金融サポート機構2者間ファクタリング3者間ファクタリング無制限1.5%~最短3時間
GMOBtoB早払い2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング100万円~1億円1%~最低2営業日
QuQuMo2者間ファクタリング上限なし(少額から高額まで対応可能)1%~最短2時間~
OLTA2者間ファクタリング2%~9%最短即日
トップ・マネジメント2者間ファクタリング3者間ファクタリング見積書・受注書・発注書ファクタリングペイブリッジ電ふぁくゼロファク2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%最短1時間

より自社のニーズに合う優良ファクタリング会社を選べるよう、各社の特徴をチェックしていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング 悪徳業者① ビートレーディング

「悪徳業者並みの資金調達スピードがあって、なおかつ実績が豊富なファクタリング会社を選びたい」という方には、ビートレーディングがおすすめです。ビートレーディングは最短2時間での資金調達が可能なうえ、取引実績は4.6万社以上・累計買取額1,060億円突破(2023年3月時点)と高い実績を誇ります。

またビートレーディングは2者間ファクタリング・3者間ファクタリングだけでなく注文書ファクタリングも提供しており、ファクタリングに関する情報提供も積極的です。ファクタリングの悪徳業者を避けつつ、実績や資金調達を重視する場合にはビートレーディングをチェックしてみましょう。

ビートレーディングの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング
取引可能額無制限
手数料2者間ファクタリング:4%~12%程度3者間ファクタリング:2%~9%程度
資金調達にかかる日数最短2時間

日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 悪徳業者② 日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、悪徳業者にはできない幅広いサポートを希望する方におすすめのファクタリング会社です。ファクタリング以外にも金融機関の紹介や助成金の活用など、様々な方法で資金を調達できるよう支援してくれる点が、日本中小企業金融サポート機構の魅力です。

また日本中小企業金融サポート機構には、自社と協力することで双方が発展できる企業を紹介してくれる「事業マッチング」サポートもあるので、ファクタリングの利用を機に、より会社を大きくできる可能性もあります。「最短3時間で資金調達が可能」「手数料が1.5%~と安い」などの魅力もあるので、日本中小企業金融サポート機構が気になった方は公式ページで詳細をチェックしてみましょう。

日本中小企業金融サポート機構の基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング
取引可能額無制限
手数料1.5%~
資金調達にかかる日数最短3時間

GMOBtoB早払い

ファクタリング 悪徳業者③ GMOBtoB早払い

「悪徳業者を避けるため、大手優良ファクタリング会社から選びたい」という方にはGMOBtoB早払いをおすすめします。GMOBtoB早払いは、東証プライム上場企業のGMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供しており、リピート率86%と利用者からの評価も高いです。

また手数料が1.0%~と業界最低水準なところも、GMOBtoB早払いの強みです。対面とオンラインからサポートを選べるため、手厚く対応してもらいたい方もGMOBtoB早払いを検討してみましょう。

GMOBtoB早払いの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング
取引可能額100万円~1億円
手数料1%~
資金調達にかかる日数最低2営業日

QuQuMo

ファクタリング 悪徳業者④ QuQuMo

悪徳業者と間違えるほど手数料が安いうえ、高く評価されているファクタリング会社を選びたい方には、QuQuMoをおすすめします。QuQuMoを運営する株式会社アクティブサポートは、リピート率・口コミ人気などでNo.1を獲得した実績のあるファクタリング会社です。

取引銀行に三井住友銀行・みずほ銀行などがあり、各種コンサルティング事業も手がけている点から悪徳業者を避け、安心して資金調達をしたい方におすすめです。「1%からと手数料が良心的」「最短2時間で資金調達可能」などの魅力もあるので、コストを抑えながらスピーディーに資金調達をしたい方もQuQuMoをチェックしてみましょう。

QuQuMoの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
取引可能額上限なし(少額から高額まで対応可能)
手数料1%~
資金調達にかかる日数最短2時間~

OLTA

ファクタリング 悪徳業者⑤ OLTA

「悪徳業者を避け、信頼性の高い2者間ファクタリングを利用したい」と考える中小企業の経営者・個人事業主にはOLTAがおすすめです。OLTAは中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングNo.1に輝いたファクタリング会社で、日本郵政キャピタルやNTT西日本などをパートナー企業としています。

また日本経済新聞や読売新聞などにも掲載された点から、信頼性の高い2者間ファクタリング会社を選びたい場合には、OLTAを検討しましょう。「オンラインのみで手続きを終えられる」「最短即日での入金が可能」などのメリットもあるので、OLTAが気になった方は公式ページで詳細をご覧ください。

OLTAの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
取引可能額
手数料2%~9%
資金調達にかかる日数最短即日

トップ・マネジメント

ファクタリング 悪徳業者⑥ トップ・マネジメント

トップ・マネジメント創業13年を誇る運営実績があり、サービスの種類が多い点から、悪徳業者を避けたい方におすすめです。2者間ファクタリング・3者間ファクタリング以外にも、広告・IT企業専門の「ペイブリッジ」や専用口座の利用で手数料を抑えられる「電ふぁく」など、様々なサービスを提供しています。

また業種別の資金調達事例も積極的に発信している点から、トップ・マネジメントはファクタリングサービスの提供に精通していると考えられます。起業後間もない個人事業主やフリーランスも申込可能と、柔軟に対応してくれる強みもあるので、トップ・マネジメントが気になった方は公式情報をチェックしてみましょう。

トップ・マネジメントの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング見積書・受注書・発注書ファクタリングペイブリッジ電ふぁくゼロファク
取引可能額
手数料2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%
資金調達にかかる日数最短1時間

悪徳会社に騙されたくない方は「支払い.com」のご検討を

悪徳会社に騙されたくない方は「支払い.com」のご検討を

ファクタリング業界には悪徳会社がいるとされていますが、適切に調べることで優良企業を見極めやすくなります。その一方でファクタリングの利用に慣れていない場合、どの会社を選べば良いかと、迷ってしまうこともあるでしょう。

安心して資金繰り改善サービスを使いたい方には支払い.comがおすすめです。1,000名を超える法人の利用実績もある支払い.comが気になった方は、早速公式サイトでサービス内容をチェックしてみましょう。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次