ファクタリングの取り立てとは?違法業者・大手の違いや対処法を解説

ファクタリングの取り立てとは?違法業者・大手の違いや対処法を解説

更新日:

3行でまとめると…

  • ファクタリングは貸金業法適用外のため、悪徳業者の厳しい取り立てに遭う可能性がある##first
  • 支払額の減額や他の資金調達方法の使用などにより支払いに余裕を持つことが大切である##second
  • 支払い.com は手数料4%で支払いを最長60日先延ばしでき、ファクタリングよりお得

    ##matome

支払い.comの詳細を見る>>

「ファクタリング会社って、どんな取り立てをするんだろう…」

そんな疑問にお答えするため、今回はファクタリングの取り立て内容を解説します。大手企業・悪徳業者別に取り立て方法を解説するので、会社選びの重要性もわかるはずです。

取り立てが心配な人におすすめのファクタリング会社や、取り立てに関する相談窓口なども解説するので、ぜひお役立てください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

ファクタリングの取り立てに関する基礎知識

ファクタリングの取り立てに関する基礎知識

まずはファクタリングの取り立てに関する基礎知識として、以下の2点を見ていきましょう。

  • 取り立てられる状況
  • ファクタリング会社は貸金業法の対象外

次の項目から、ファクタリング会社の取り立てを正しく理解するための2つの基礎知識を、順に解説していきます。

ファクタリングで取り立てられる状況

ファクタリングで自社が取り立てられる主な状況は、2者間ファクタリングを利用し、売掛先からの入金分をファクタリング会社に支払えない時です。2者間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の2者で契約するタイプの利用形態を指します。

2者間ファクタリングは基本的に売掛先への通知なしで資金調達ができるため、売掛先から自社に通常通り入金してもらった後、ファクタリング会社に支払う流れになります。そのため、2者間ファクタリング利用時に売掛先からの入金分を使ってしまった場合には、ファクタリング会社に払えなくなり、取り立てられる状況となるでしょう。

なお、自社とファクタリング会社に売掛先を加えて契約をする3者間ファクタリングの場合、基本的に売掛先からファクタリング会社に売掛金が渡されるため、自社が取り立てられる状況になるケースは基本的にありません。

ファクタリング会社は貸金業法の対象外

ファクタリングはクレジットカード会社や消費者金融業者などのように、貸金業法が適用されないため、取り立てに関する基本的なルールがありません

例えば貸金業法では「正当な理由がない限り、午後9時~午前8時までの電話連絡は禁止」とされていますが、ファクタリング会社には貸金業法の対象外となるため、順守する義務がない点をおさえておきましょう。

ファクタリングの取り立て方法(大手企業の場合)

ファクタリングの取り立て方法(大手企業の場合)

大手ファクタリング企業の基本的な取り立て方法は、以下の通りです。

  1. 取り立て先の確認
  2. 任意での支払いを求める
  3. 法的措置をとる

次の項目から、どのような方法で大手ファクタリング企業が取り立てをするのかについて、解説していきます。

取り立て先の確認

大手ファクタリング企業が取り立てをする際には、まず売掛先・自社のどちらに取り立てをすべきかを確認するケースが多いです。例えば3者間ファクタリングで売掛先が払わない場合、基本的にファクタリング会社は売掛先に取り立てをします。

一方、2者間ファクタリングで売掛先から自社へ入金されたにも関わらず、支払っていない場合は、自社に取り立てをするでしょう。このように大手ファクタリング企業は、取り立てをする前に、適切な取り立て先を確認します。

任意での支払いを求める

適切な取り立て先を把握した後、大手ファクタリング企業は電話やメール、内容証明郵便などによって支払いを求めることが多いです。大手ファクタリング企業によっては、会社に来るケースもあるでしょう。ただし大手ファクタリング企業の場合、威圧的な態度を取ったり押しかけてきたりといった取り立て方をすることは、基本的にありません。

法的措置をとる

任意での支払いを求めても入金が確認されない場合、大手ファクタリング企業は支払督促・差し押さえなどの法的措置を取るでしょう。支払督促とは裁判所を通して支払いを求める手続きで、所定の期間内に支払わないなど、適切に対処しない場合には財産を差し押さえられることになります。

状況によっては損害賠償請求をされたり、横領罪に問われたりする可能性がある点もおさえておきましょう。

なお、ファクタリング会社に支払いができない場合どうなるのかについては、以下の関連記事で解説しています。

ファクタリングの取り立て方法(悪徳業者の場合)

ファクタリングの取り立て方法(悪徳業者の場合)

ファクタリング悪徳業者に多く見られる取り立て方法は、以下の通りです。

  • しつこく電話する
  • 押しかける
  • 嫌がらせをする

どのようなリスクがあるのかを把握したうえで、適切な資金繰り対策ができるよう、ファクタリング悪徳業者の取り立て方法を確認していきましょう。

しつこく電話する

ファクタリングの悪徳業者は取り立ての際、1日に50件以上の着信を残したり、早朝や深夜に電話をしてきたりするケースがあります。貸金業法では午後9時~午前8時までの電話は基本的に禁止されていますが、ファクタリング会社には適用されないため、悪徳業者は時間帯を問わずしつこく電話してくることがあります。

ファクタリングの悪徳業者を利用すると取り立て時に携帯や勤務先、自宅へしつこく電話され、精神的に追い込まれるかもしれません。

押しかける

会社や営業所へ押しかけ、騒いだり居座ったりする取り立ても、ファクタリング悪徳業者が使う手法です。また建物の外から、大声で支払いを催促するよう叫ぶ悪徳業者もいると言われています。

企業運営にネガティブな影響を及ぼす可能性があるため、ファクタリング関連の悪徳業者に関わらないよう注意が必要です。

嫌がらせをする

ファクタリングの悪徳業者は以下のような嫌がらせによる取り立てで精神的に追い込み、少しでも早く払わせようとすることがあります。

  • 会社の入口などに督促に関する貼り紙をする
  • 出前を勝手に注文する
  • 親族に支払い催促の電話をかける
  • 脅迫めいた言動をとる

嫌がらせの域を越えた取り立てをする悪徳業者がいるため、ファクタリング利用時には優良企業を見極めることが重要です。

なお以下の関連記事ではファクタリング悪徳業者の特徴の他、おすすめの優良企業などを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングの取り立て方法(違法業者の場合)

ファクタリングの取り立て方法(違法業者の場合)

ファクタリングの取り立てには貸金業法が適用されませんが、違法になるケースはあります。例えば金融庁の公式ページには、「最高裁判所の判例では、権利の範囲や社会通念上一般に、認容すべき範囲を逸脱するときは違法となり、恐喝または脅迫罪となる可能性がある」としています。

ファクタリングの取り立て時に違法となり得る行為の具体例は、以下をご覧ください。

違法になりうる行為該当する可能性がある罪
暴力をふるう暴行罪、傷害罪
無断で社内に入ってくる建造物侵入罪
社外へ出るよう伝えても居座り続ける不退去罪
会社などの周辺で未払いであると叫ぶ名誉棄損罪
勝手に商品・在庫を持って帰る窃盗罪

上記のような違法と思われる取り立てをされた際には、後ほどご紹介する専門家に相談することをおすすめします。「そもそもファクタリング利用時に取り立てをされないよう、支払いに関する悩みを解消したい」という方のため、次の項目では上手く資金繰りを改善するコツを解説します。

ファクタリングの取り立てで困らないための資金繰り改善のコツ

ファクタリングの取り立てで困らないための資金繰り改善のコツ

ファクタリング会社からの取り立てで困らないためには、以下の資金繰り対策によって、支払いに余裕を持つことが大切です。

ファクタリングの取り立てで困らないための資金繰り改善のコツ

次の項目から、上記7つの資金繰り対策について解説していきます。

他の支払いを遅らせる

支払日を遅らせるほど多くの資金を手元に残しておけるため、ファクタリングの取り立てで困らないためには、他の支払いを遅らせる方法がおすすめです。具体的には買掛先などに調整し、支払日を伸ばしてもらいましょう。

信頼関係が強固な企業に相談すると、支払日を後ろ倒ししてくれるケースがあります。ただし、調整先の企業を間違えると今後の取引に悪影響が出る点には注意が必要です。

取引先との関係悪化などのデメリットが気になる場合、支払先への通知なしで請求書払いを最長60日後に伸ばせる支払い.comがおすすめです。支払い.comなら最短翌日の振込に対応しているため、ファクタリングでの資金調達と同程度のスピードで資金繰りを改善できます。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

ファクタリングの取り立てが気になった場合、支払い.comでスムーズに問題を解消できるかもしれないので、まずは公式サイトでサービス内容を確認してみましょう。

支払額を減らす

業務効率の改善によって人件費やシステム利用料を削減できれば、資金繰りに余裕が生まれ、ファクタリングの取り立てで困りづらくなります。不要な出費を減らせば設備投資などもしやすくなるので、長期的な企業の発展にもつなげやすいです。

なおファクタリング会社を選ぶ際に手数料が安い会社を選ぶ方法も、支払額を減らす観点からおすすめです。焦りから支払負担が大きいファクタリング会社を選び、取り立てで困ってしまわないよう、コストカットできないかどうか検討してみましょう。

入金日を早める

慣れ親しんだ取引先などに相談をして、売掛先からの入金日を早めてもらえば、手元に資金を残しやすいので、ファクタリングの取り立てで困りづらくなります。ただし売掛先にとっては入金日の前倒しが負担となり、今後の取引に悪影響となる可能性がある点には注意が必要です。

入金日を早める調整については、どの取引先に相談するかを慎重に決めましょう。

入金額を増やす

売上アップや在庫の処分などで入金額を増やし、資金繰りを改善することでファクタリングの取り立てに関する悩みを解消する方法もあります。長期的に入金額を増やせる態勢を整えれば、持続的に事業を大きくしていけるでしょう。

その一方で入金額を増やす方法は、数ヶ月などある程度の時間を要するケースが多い点には注意が必要です。

資金繰りのプロに力を借りる

ファクタリングの取り立てで困りたくない場合、税理士や経営コンサルティング会社などの専門家に相談をして、資金難を乗り越えられる可能性があります。専門知識がないと気付きづらい節税方法や資金繰り改善のコツなど、プロに相談することで新しい発見があるかもしれません。

「こんな方法で改善ができたのか」とノウハウが蓄積すれば、長期的に企業を成長させやすくなるなどのメリットも感じられるでしょう。

事前にファクタリング会社に相談する

取り立てで困る前にファクタリング会社に相談しておくと、自社に合う支払い方などを提案してもらえることがあります。早い段階でファクタリング会社に相談すると、自社に悪意がない点をふまえて良心的な対応をしてもらえるでしょう。

また財務コンサルや事業マッチングなどのサービスを提供するファクタリング会社もあります。資金調達サービスに関するプロならではの解決策を提案してもらえる可能性があるため、取り立てで困りたくない場合には、予めファクタリング会社に相談することをおすすめします。

他の方法で資金を調達する

ビジネスローンやクラウドファンディングなど、他の方法で資金調達をする準備をしておけば、ファクタリング会社の取り立てで困るリスクを抑えられます。自社の状況にあわせて、利用できる資金調達法を把握しておくだけでも、ファクタリング会社への支払いに困った時に役立つでしょう。

その一方でファクタリング会社を利用する場合、予想外の状況に直面して、資金調達を急がなければいけないケースも少なくありません。こういった際には他の方法で資金調達をすることが難しいため、請求書をクレジットカード払いで払いましょう。

支払い.comなら最短翌日の振込に対応しており、カード決済の支払いを最長60日伸ばせるため、急な資金難に直面した際に役立ちます。不測の事態に備えるためにも、早速支払い.comのサービス内容をチェックしておきましょう。

請求書のクレジットカード払いや支払い.comについての詳細は、以下の関連記事をご覧ください。

ファクタリングの取り立てに関する相談先

ファクタリングの取り立てに関する相談先

ファクタリングの取り立てで悩んだ際の相談先は、以下の通りです。

ファクタリングの取り立てに関する相談先

各窓口の連絡先や、相談できる内容などを解説していきます。

警察

違法と思われるなど、ファクタリング会社から悪質な取り立てをされた場合、「#9110」に連絡し、警察に相談する方法があります。無料で相談にのってくれるうえ、状況によっては被害届などを提出することも可能です。

ただし警察に捜査依頼する場合には、「時間がかかる可能性がある」「被害に遭った証拠や取り立ててきたファクタリング会社の情報などを伝えなければならない」などの可能性があります。時間をかけて相談しても、積極的に取り立ての問題を解消してもらえないケースがある点もおさえておきましょう。

消費生活相談窓口

「このファクタリング会社は少し怪しそうだけど、こういう時どうすればいいのかわからない」という場合には、消費生活相談窓口「188」で相談してみましょう。消費者庁が関わる消費生活相談窓口(消費者ホットライン)に相談すると、消費生活相談員や消費生活アドバイザーなどの資格を持った相談員をはじめ、専門知識を持つ人に相談できます。

状況に応じて弁護士などの専門家を頼るための窓口を紹介してくれるケースもあるので、ファクタリングの取り立てに関する相談をどこにすれば良いのかわからない方にも、消費生活相談窓口での相談がおすすめです。

弁護士

しつこい電話や恐喝など、ファクタリング悪徳業者の取り立てで悩んだ際には、弁護士への相談を検討しましょう。中にはファクタリング悪徳業者などに警告書を出すよう検討してくれる弁護士もいるため、厳しい取り立てに対処できる可能性があります。

どのような対応をしてくれるのかを確認できる無料診断などのサービスを提供している弁護士もあるので、悪徳業者の取り立てで悩んだ際にはファクタリング関連に強い弁護士への相談を検討すると良いでしょう。「弁護士を探す方法がわからない…」という場合には、以下の日本弁護士連合会の公式サイトをご参照ください。

日本弁護士連合会:弁護士の見つけ方 (nichibenren.or.jp)

金融サービス利用者相談室(金融庁)

一般的なファクタリングの取り立てなどに関する相談窓口をお探しの方には、金融庁「金融サービス利用者相談室」に相談する方法があります。金融サービス利用者相談室では一般的な金融サービスに関する相談・質問などを受け付けているので、ファクタリング悪徳業者の特徴や、被害に遭った際の適切な対処法などを教えてくれる可能性があります。

ファクタリング以外の金融サービスに関する相談・質問も受け付けているので、複数の資金調達法を利用している場合にも、悪徳業者の取り立てなどに関する相談窓口として活用できるでしょう。

取り立てが心配な人におすすめの大手ファクタリング会社

取り立てが心配な人におすすめの大手ファクタリング会社

取り立てに関する不安がある方には、以下の大手ファクタリング会社をおすすめします。

スクロールできます
ファクタリング会社名取引の種類取引可能額手数料資金調達にかかる日数
ビートレーディング2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング無制限2者間ファクタリング:4%~12%程度3者間ファクタリング:2%~9%程度最短2時間
日本中小企業金融サポート機構2者間ファクタリング3者間ファクタリング無制限1.5%~最短3時間
GMOBtoB早払い2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング100万円~1億円1%~最低2営業日
QuQuMo2者間ファクタリング上限なし(少額から高額まで対応可能)1%~最短2時間~
OLTA2者間ファクタリング2%~9%最短即日
トップ・マネジメント2者間ファクタリング3者間ファクタリング見積書・受注書・発注書ファクタリングペイブリッジ電ふぁくゼロファク2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%最短1時間

上記の6社は実績や手厚い対応など、各社がそれぞれの強みを持っています。自社に合うファクタリング会社を選ぶため、各社の特徴をチェックしていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング 取り立て① ビートレーディング

厳しい取り立てを避けつつ、資金調達のスピードを重視する方には、最短2時間で着金可能なビートレーディングがおすすめです。

「審査資料が2点のみ」「受注時点で申込できる注文書ファクタリングがある」などの特徴もあるので、スピード重視の方はビートレーディングに強い魅力を感じられるでしょう。ビートレーディングの取引実績は4.6万社以上・累計買取額1,060億円突破(※)と高いため、ファクタリング業界内の大手企業を選びたい方も要チェックです。(※)2023年3月時点

万一取り立ての必要が生じた場合でもビートレーディングなら、暴力や脅迫などの違法行為なしの適切な手続きで進めてくれるでしょう。

ビートレーディングの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング
取引可能額無制限
手数料2者間ファクタリング:4%~12%程度3者間ファクタリング:2%~9%程度
資金調達にかかる日数最短2時間

日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 取り立て② 日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構ファクタリング以外にも多くのサービスを提供している点から、違法な取り立てを避けて安心して資金調達をしたい方におすすめです。金融機関の紹介・補助金の受給サポートなど、日本中小企業金融サポート機構は様々な支援をしているうえ、取引社数4,800社以上・支払総額113億円の実績を誇っています。

「最短3時間で着金可能」「手数料が1.5%~と良心的」などの魅力もあるため、資金調達スピードやコストを重視する方にも、日本中小企業金融サポート機構がおすすめです。

日本中小企業金融サポート機構の基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング
取引可能額無制限
手数料1.5%~
資金調達にかかる日数最短3時間

GMOBtoB早払い

ファクタリング 取り立て③ GMOBtoB早払い

ファクタリング業界トップクラスの大手グループが提供するサービスを選びたい場合、GMOBtoB早払いがおすすめです。GMOBtoB早払いは東証プライム上場企業のGMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供するファクタリングが提供しており、リピート率86%と利用者からも高く評価されています。そのため、万一取り立てがされる場合でも、適切な方法で進めてくれるでしょう。

また手数料が1.0%~と業界最低水準になっている点もGMOBtoB早払いの強みです。対面とオンラインからサポートを選べるため、手厚く対応してもらいたい方にもGMOBtoB早払いがおすすめです。

GMOBtoB早払いの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング
取引可能額100万円~1億円
手数料1%~
資金調達にかかる日数最低2営業日

QuQuMo

ファクタリング 取り立て③ QuQuMo

手数料の安さや、ファクタリング事業の実績を重視する方には、QuQuMoをおすすめします。QuQuMoを運営する株式会社アクティブサポートは、リピート率・口コミ人気などでNo.1を獲得したファクタリング会社なので、取り立てなどに関する相談もしっかりと対応してくれるでしょう。

またQuQuMoは三井住友銀行・みずほ銀行などとの取引があり、各種コンサルティング事業も手がけている点からも信頼性の高さが伺えます。「1%からと手数料が良心的」「最短2時間で資金調達可能」などの強みもあるため、支払負担・事業実績などを重視する方にはQuQuMoがおすすめです。

QuQuMoの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
取引可能額上限なし(少額から高額まで対応可能)
手数料1%~
資金調達にかかる日数最短2時間~

OLTA

ファクタリング 取り立て④ OLTA

中小企業の経営者・個人事業主から高く評価されているファクタリング会社を選び、取り立ての不安を軽減したい方には、OLTAがおすすめです。OLTAは中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングNo.1となったファクタリング会社で、日本経済新聞や読売新聞などにも掲載されています。

また日本郵政キャピタルやNTT西日本などをパートナー企業としている点から、信頼性の高いファクタリング会社を選んで厳しい取り立てを避けたい方には、OLTAがおすすめです。

OLTAの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
取引可能額公式情報なし
手数料2%~9%
資金調達にかかる日数最短即日

トップ・マネジメント

ファクタリング 取り立て⑤ トップ・マネジメント

創業13年を誇る運営実績があるトップ・マネジメントは、信頼できるファクタリング会社を選ぶことで取り立ての不安を軽減したい方におすすめです。「開業直後の個人事業主・フリーランスでも申込できる」「提供サービスが多い」など、柔軟性が高い点もトップ・マネジメントのおすすめポイントです。

2者間ファクタリング・3者間ファクタリングの他、広告・IT企業専門の資金調達サービス「ペイブリッジ」や、専用口座の利用で手数料を抑えられる「電ふぁく」など、様々な選択肢を用意してくれている点から、トップ・マネジメントは顧客に寄り添った運営をしていると考えられます。事業実績や手厚い対応などの魅力があるトップ・マネジメントを選べば、取り立て時の相談などにも丁寧に応じてくれるでしょう。

トップ・マネジメントの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング3者間ファクタリング見積書・受注書・発注書ファクタリングペイブリッジ電ふぁくゼロファク
取引可能額
手数料2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%
資金調達にかかる日数最短1時間

ファクタリングの取り立てで悩まないために「支払い.com」のご検討を

ファクタリングの取り立てで悩まないために「支払い.com」のご検討を

取り立て方法は大手企業・悪徳業者によって大きく異なるため、優良ファクタリング会社を選ぶことが重要です。この記事で紹介したおすすめのファクタリング会社から選べば、取り立て時の相談などにもしっかりと対応してもらえるなど、安心して利用できるでしょう。

またファクタリングの取り立てで悩まないためには、支払サイトの延長による資金繰り改善もおすすめです。特に支払い.comを使えば、支払期限を最長60日延長できるため、ファクタリング利用時の取り立てリスクを抑えられるでしょう。

支払い.comなら最短翌日の振込に対応でき、支払先への通常利用できるうえ、最短60秒で手続きできるなどの強みがあります。支払サイトの延長も活用して、より賢く資金繰りを改善したいと思った際には、支払い.comの公式情報をチェックしてみましょう。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次