ファクタリングは乗り換え可能?他社利用中でも使える優良会社も紹介

ファクタリングは乗り換え可能?他社利用中でも使える優良会社も紹介

更新日:

3行でまとめると…

  • 売掛債権の二重譲渡にならなければ、ファクタリングの乗り換えは可能##ka
  • 乗り換える際は、サービス内容やコスト、契約内容などをチェック##ti
  • 支払い.com は手数料4%で支払いを最長60日先延ばしでき、ファクタリングよりお得

    ##matome

「より魅力的なファクタリング会社があった場合、乗り換えても良いの?」

そんな方のため、ファクタリングの乗り換えや、他社利用中でも申込可能な優良会社を解説します。より上手くファクタリング会社を乗り換えられるためのコツや注意点などもまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

監修者 越智聖(税理士)

監修者

越智聖

税理士

松山市の税理士 越智聖税理士事務所、株式会社聖会計代表。経済産業省 認定経営革新等支援機関
“ヒトの為に動く”をモットーとした懇切丁寧な対応で、主に中国・四国全域の中小企業を中心に支援。業種としては不動産業、建設業、飲食業、宿泊業、保険業などを中心に、酪農業、漫画家といった珍しい業種のクライアントまで対応している。会計・税務はもちろんのこと、お客様のお悩み事を解決する総合的なコンサルティング、緻密な経営診断にもとづく経営コンサルティングなどを得意とし、一般的には7割が赤字企業といわれるなか、当事務所の顧問先の黒字率は6割を超えている。

目次

ファクタリングを利用中に他社へ乗り換えられる?

既にファクタリングを利用中でも、他社に乗り換えることは可能です。他社に乗り換えることを禁止したり、一度申し込むと継続利用しなければいけなかったりなどのファクタリング契約は、基本的にありません。そのためファクタリングを利用中でも、他社への申込・審査など所定の手続きを済ませれば乗り換えることができます。

ただし既に買い取ってもらった売掛債権を、別のファクタリング会社に再度買い取ってもらうと訴えられる恐れがあるので注意が必要です。この点については後ほど解説します。

ファクタリング会社を乗り換えるメリット

ファクタリング会社を乗り換えると以下のメリットを感じることがあります。

ファクタリング会社を乗り換えるメリット

より賢く資金を調達できるよう、上記4つのファクタリング会社を乗り換えるメリットを順に見ていきましょう。

手間がかかりづらい

ファクタリング会社を乗り換えることで必要書類や手続きに関する手間が減るなど、より簡単に資金を調達でき、メリットを感じるケースがあります。

ファクタリングサービスにおいても、必要書類や手続きの方法は会社によって異なります。そのため、現在利用中のファクタリング会社より、手続きを進めやすい会社に乗り換えると、手間がかかりづらいというメリットを感じられるでしょう。

ファクタリングの必要書類について詳しく知りたい場合、以下の関連記事をご覧ください。

コストを抑えられることがある

「今のファクタリング会社は手数料が高い…」という場合、乗り換えてコストカットできるとメリットを感じられるでしょう。どのファクタリング会社を利用するかによって手数料は異なるため、より少ない支払負担で資金調達ができるかもしれません。

手数料だけでなく、出張費や事務手数料などの諸経費をふまえてファクタリング会社を選ぶと、より賢く乗り換え先を選べるでしょう。

諸経費の支払負担を軽減したい時

「手数料は安いけど、出張費や債権譲渡登記などの費用負担が重い…」という場合には、諸経費がかからないファクタリング会社への乗り換えがおすすめです。中には事務手数料無料・出張費無料などのファクタリング会社があり、オンラインで完結するサービスもあります。

このような点から事務手数料などの諸経費に負担を感じている場合には、ファクタリング会社の乗り換えをおすすめします。

買取額の調整をしたいと感じた時

買い取ってもらいたい売掛債権が申込対象外となってしまうケースがあるなど、買取額の面で十分に満足できていないと感じた時は、ファクタリング会社の乗り換えにおすすめのタイミングです。「10万円から申込可能」「買取上限額がない」など、買取額はファクタリング会社によって異なります。そのため、自社が保有する売掛債権に応じた買取額を設定しているファクタリング会社に乗り換えれば、より満足度の高い資金調達ができるでしょう。

買取額調整の観点でファクタリング会社を乗り換える場合、掛け目も把握することをおすすめします。掛け目とは、売掛債権の買取対象額の割合のことです。例えば掛け目が80%・売掛債権が100万円の場合、資金調達できる額は80万円となります。

異なるサービスを利用したい時

「3者間ファクタリングや債権譲渡登記なしのファクタリングも使えればいいのに…」など、現状のサービスでは物足りないと感じた際は、乗り換えにおすすめのタイミングと言えます。取り扱うサービスは各ファクタリング会社によって異なるため、資金調達に際して新たなニーズが出てきた際には乗り換えを検討しましょう。

中には資金調達だけでなく、財務改善や事業の成長を加速するためのサービスを提供してくれるファクタリング会社もあるので、乗り換えによってさらに良い状況につなげられるかもしれません。

対応品質が悪いと感じた時

現在利用中のファクタリング会社で担当者が変わった場合など、対応品質の悪さを感じた際は乗り換えのタイミングと言えるでしょう。例えば「リスクの説明をしてくれない」「来社してくれなくなった」「口頭での案内と契約内容が違った」など、ファクタリング利用の際に対応の悪さを感じる人は少なくありません。

そのような時には親身になって対応してくれるファクタリング会社に乗り換えることで、より満足度の高い資金調達ができるはずです。

ファクタリング会社を乗り換える際のチェックポイント

ファクタリング会社を乗り換える際は、以下の項目をチェックしておきましょう。

ファクタリング会社を乗り換える際のチェックポイント

より賢く資金を調達するため、上記の「ファクタリング会社を乗り換える際のチェックポイント」を順に見ていきましょう。

二重譲渡にならないか確認する

ファクタリング会社を乗り換える際には、同一の売掛債権を複数社に買い取り依頼する「二重譲渡」に注意しましょう。二重譲渡とはひとつのものを複数社に譲渡することを意味し、不動産業界で使われるケースが多いです。

売掛債権の二重譲渡をすると、売掛金を回収できないファクタリング会社に法的措置を取られる恐れがあります。損害賠償金を請求されたり、詐欺罪などで訴えられたりする可能性があるため、ファクタリング会社に乗り換える際は、二重譲渡にならないかどうかに注意しましょう。

サービス内容を確認する

より良い形で資金を調達できるよう、ファクタリング会社を乗り換える際には、2者間ファクタリング・3者間ファクタリングなどのサービス内容を確認しておきましょう。また、申込可能な売掛債権・業種なども確認しておくと、より上手くファクタリング会社を乗り換えられます。

サービス内容を見落としていると、「乗り換えようと必要書類を準備したのに、実は対象外だった…」という状況になるかもしれません。そのためファクタリング会社を乗り換える際には、あなたが利用可能なファクタリング会社かどうかを事前にチェックしておきましょう。中には受注時点でファクタリング利用できる会社もあるので、より満足度の高い乗り換えを実現できるかもしれません。

コストを比較する

ファクタリング会社を乗り換える場合、相見積もりをとって資金調達コストを比較することが重要です。乗り換え候補のファクタリング会社から相見積もりをとらないと、予想外の出費に悩まされるかもしれないからです。

ファクタリング会社の費用面を比較する際は、手数料だけでなく事務手数料や出張費などにも注意しましょう。手数料の安さだけで判断すると、諸経費を入れた総支払額が大きくなってしまい、「ファクタリング会社の乗り換えに失敗した…」と感じる可能性があるからです。

資金調達スピードを確認する

最短何日で着金可能かを把握しておくと、ファクタリング会社の乗り換えによって、資金繰りを改善しやすくなります。具体的には「今のファクタリング会社は入金までが遅いから、支払日間近に焦ることが多い…」という場合、資金繰りの負担を減らせるでしょう。

中には「最短数時間で着金可能」「必要書類が2点と少ない」などのファクタリング会社もあります。このように着金までの時間や必要書類の少ないファクタリング会社に乗り換えると、余裕を持って資金を調達できるでしょう。

ファクタリングの必要書類について詳しく知りたい場合、以下の関連記事をご覧ください。

契約内容を確認する

ファクタリング会社に乗り換える際には、契約内容の詳細を見落としがちなので注意しましょう。問い合わせ時と契約時で契約内容が変わっているケースがあるため、ファクタリング会社を乗り換える際には注意しましょう。

特に急いで資金を調達しなければいけない場合、契約内容のチェックが疎かになりやすいです。「契約時に手数料が変わっていた」「償還請求権ありの契約だった」など、想定外の利用をしてしまわないよう、ファクタリング会社を乗り換える際は、しっかりと契約内容を確認しましょう。

乗り換え先の信頼性を確認する

ファクタリング会社を乗り換える場合、事前に運営実績などを見て信頼性を確認しておくことをおすすめします。乗り換え先の信頼性をチェックしておけば、ファクタリング会社を名乗る闇金業者などに関わるリスクを減らせるからです。

状況を悪化させないためにもファクタリング会社を乗り換える際には、運営年数や資金調達の累計額などを確認することをおすすめします。あわせて気になるファクタリング会社の口コミを確認しておくと、乗り換え時に悪徳業者と関わってしまうリスクを抑えられます。

ファクタリングの悪徳業者について詳しく知りたい場合、以下の関連記事をご覧ください。

他社利用中OKの乗り換え先としておすすめのファクタリング会社

他社利用中でも乗り換えられる、おすすめのファクタリング会社は以下の通りです。

ファクタリング会社名取引の種類取引可能額手数料資金調達にかかる日数
ビートレーディング2者間ファクタリング3者間ファクタリング注文書ファクタリング無制限2者間ファクタリング:4%~12%程度3者間ファクタリング:2%~9%程度最短2時間
アクセルファクター2者間ファクタリング3者間ファクタリング30万円~※上限なし2%~最短即日
ファストファクタリング2者間ファクタリング将来債権ファクタリング(2回目以降申込可能)公式情報なし5%~最短即日(5時間~)
ファクタリングのトライ2者間ファクタリング※3者間ファクタリングなどに関する公式情報なし10万円~5,000万円3%~最短即日
日本中小企業金融サポート機構2者間ファクタリング3者間ファクタリング無制限1.5%~最短3時間
トップ・マネジメント2者間ファクタリング3者間ファクタリング見積書・受注書・発注書ファクタリングペイブリッジ電ふぁくゼロファク2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%最短1時間
株式会社JPS2者間ファクタリング3者間ファクタリング~1億円2者間ファクタリング:5~10%3者間ファクタリング:2%~8%最短4~6時間

あなたのニーズに合うファクタリング会社へ素早く乗り換え、資金繰りを改善していくためにお役立てください。

ビートレーディング

ファクタリング 乗り換え① ビートレーディング

現在利用中のファクタリング会社に対し、スピード面・資金調達額の面で物足りないと感じている場合、ビートレーディングに乗り換えると満足度を高めやすいでしょう。ビートレーディングは最短2時間での着金が可能なうえ、必要書類が2点と少ないため、手続きを進めやすい点が大きな魅力です。

また受注時点での資金調達を可能とする「注文書ファクタリング」を利用できる点もビートレーディングのおすすめポイントと言えます。「受注から納期までの期間が長くて資金繰りが苦しい…」という方も、ビートレーディングに乗り換えることでメリットを感じやすいでしょう。

ビートレーディングの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
注文書ファクタリング
取引可能額無制限
手数料2者間ファクタリング:4%~12%程度
3者間ファクタリング:2%~9%程度
資金調達にかかる日数最短2時間

アクセルファクター

ファクタリング 乗り換え② アクセルファクター

柔軟に対応してくれるファクタリング会社に乗り換える場合、アクセルファクターをおすすめします。アクセルファクターは個人事業主だけでなく、税金滞納中の場合でも申込可能だからです。

アクセルファクターには、債権の存在が不透明な個人事業主にもサービス提供をした事例があるため、「現在利用中のファクタリング会社は利用しづらい」と感じた場合、乗り換えることで満足度を高められるでしょう。30万円からの小口買取に対応していたり、最短即日での資金調達が可能であったりする点もアクセルファクターの魅力です。

アクセルファクターの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
取引可能額30万円~※上限なし
手数料2%~
資金調達にかかる日数最短即日

ファストファクタリング

ファクタリング 乗り換え③ ファストファクタリング

ファストファクタリングは、乗り換える際に手続きの早さやサポート体制の手厚さを重視する方におすすめです。最短60秒で審査を終え、最短即日での着金が可能とされている点がファストファクタリングの強みです。

また財務コンサルティングサービスを提供している点から、ファクタリング会社を乗り換えることで、資金繰りの改善に力を入れたい場合にもファストファクタリングに魅力を感じるでしょう。将来債権のファクタリングにも対応しているので、受注から請求書発行までのスパンが長い場合にも、ファストファクタリングへの乗り換えをおすすめします。

ファストファクタリングの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
将来債権ファクタリング(2回目以降申込可能)
取引可能額公式情報なし
手数料5%~
資金調達にかかる日数最短即日(5時間~)

ファクタリングのトライ

ファクタリング 乗り換え④ ファクタリングのトライ

「乗り換える際に優遇を受けられるファクタリング会社を選びたい」という方にはファクタリングのトライがおすすめです。ファクタリングのトライには3%の手数料乗り換え割引があるため、お得に乗り換えられます。

他にも資金繰り改善に役立つ「コンサルティングサービス」や、事業成長につなげるための会社を紹介してくれる「マッチングサービス」などがある点も、ファクタリングのトライの魅力です。10万円の売掛債権から利用可能なので、少額買取を希望する方もファクタリングのトライを検討すると良いでしょう。

ファクタリングのトライの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
※3者間ファクタリングなどに関する公式情報なし
取引可能額10万円~5,000万円
手数料3%~
資金調達にかかる日数最短即日

日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 乗り換え⑤ 日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング会社を乗り換える際、資金調達とあわせて事業運営の改善に役立つサポートを受けたい方には、日本中小企業金融サポート機構をおすすめします。日本中小企業金融サポート機構は金融機関の紹介や助成金の受給サポートなどもしてくれるため、資金調達後の事業運営改善に役立つでしょう。

個人事業主の他、赤字決算・税金滞納中でも申込可能と、ファクタリングの利用条件が幅広い点も日本中小企業金融サポート機構の魅力です。セキュリティが強固なクラウド契約システムを採用しているため、ファクタリングの乗り換え時に情報漏洩・改ざんリスクを重視する方も、日本中小企業金融サポート機構をチェックしてみましょう。

日本中小企業金融サポート機構の基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
取引可能額無制限
手数料1.5%~
資金調達にかかる日数最短3時間

トップ・マネジメント

ファクタリング 乗り換え⑥ トップ・マネジメント

様々な資金調達法から選べるファクタリング会社に乗り換えたい場合には、トップ・マネジメントがおすすめです。トップ・マネジメントは請求書発行前の資金調達が可能な「見積書・受注書・発注書ファクタリング」や、専用口座の利用によって手数料を抑えやすくなる「電ふぁく」など、複数のファクタリングサービスを提供しています。

また3者間ファクタリングの手数料が原則0.5%~と抑えやすく、最短1時間で資金調達可能なため、コストを抑えたい方や着金までの早さを重視する方にも、トップ・マネジメントへの乗り換えをおすすめします。

トップ・マネジメントの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
見積書・受注書・発注書ファクタリング
ペイブリッジ
電ふぁく
ゼロファク
取引可能額
手数料2者間ファクタリング:原則3.5%~12.5%
3者間ファクタリング:原則0.5%~3.5%
資金調達にかかる日数最短1時間

株式会社JPS

ファクタリング 乗り換え⑦ 株式会社JPS

ファクタリング会社を乗り換える際に株式会社JPSを検討した方が良い理由は、資金調達スピードやアフターサポートが充実しているからです。株式会社JPSは最短4~6時間での資金調達が可能なうえ、経営コンサルタントの紹介によって資金繰り改善の手助けをしてくれます。

また事務手数料や出張交通費が無料となっており、価格体系が良心的な点も株式会社JPSの魅力です。オンラインでの面談も可能と、お好みで面談方法を選べる点も、乗り換え先として株式会社JPSをおすすめする理由です。

株式会社JPSの基本情報

取引の種類2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
取引可能額~1億円
手数料2者間ファクタリング:5~10%
3者間ファクタリング:2%~8%
資金調達にかかる日数最短4~6時間

ファクタリング会社の乗り換えを検討中の方には「支払い.com」もおすすめ

上手くファクタリング会社を乗り換えられると、支払負担の軽減や資金調達までの時間短縮などのメリットを感じられます。その一方で賢く乗り換え先のファクタリング会社を選ばないと、状況の悪化を招きかねないため注意が必要です。ファクタリング会社を乗り換える際には、運営年数や資金調達累計額などの実績をはじめ、サービス内容や契約内容をしっかり確認しましょう。

ファクタリング会社の乗り換えを検討中の方には、手続きの負担やリスクなどを抑えられる支払い.comを利用して支払いを遅らせるのもおすすめです。

支払い.com by クレディセゾン×UPSIDER は、クレジットカードで資金繰りを改善できる「請求書カード払い」サービス。

請求書の支払いをクレジットカードで決済することにより、支払いを最長60日先延ばしすることができます。

例:期限が12月31日の支払いが200万円あるが、手元の現金では支払えそうにない…

  • 12月29日までに支払い.comで振込情報を登録。12月31日までに取引先へ振込が行われます。
  • この時点で200万円+手数料4%のカード決済が発生しますが、
  • ご利用のカードが毎月15日締め、翌月末日払いだとすると、カード利用金額が引き落とされるのは2月28日になります。
  • つまり、銀行振込の場合に比べ、口座から現金が減るのを約2ヶ月間先延ばしできたことになります。(12月31日→2月28日)

※ここでは休日・祝日は考えないものとします。

支払い.comを使うメリット

取引先への支払いから従業員の給与まで、幅広い用途に使える支払い.com

以下のようなメリットから、多くの企業・個人事業主様にご利用いただいています。

支払い.comのメリット

  • 最短翌日の振込に対応。急ぎの支払いでも安心!
  • 手数料4%とファクタリングに比べて大幅に安い
  • 審査なし!クレカを持っていれば誰でも利用できる
  • 振込名義が設定できるので、取引先に利用がバレない
  • 請求書のアップロードも不要なので、スマホから簡単に使える

※UPSIDERカード・セゾンカード利用で前営業日正午までに振込登録を行った場合

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る

支払い.comとファクタリングの違いをまとめると、以下の通りです。

支払い.comファクタリング(例)
資金繰り改善の仕組み支払いを遅らせる入金を早める
手数料4%15%
利用可能額1万円〜上限なし50万円まで
審査審査なし審査あり
必要書類書類提出なし決算書など
カード利用可能不可能
取引先への通知なしあり(三者間の場合)
支払い.comとファクタリングの比較表

ユーザー登録は無料で、最短60秒・カード情報不要で登録できるので、まずは無料登録してみるのがおすすめです。

ファクタリングよりお得な資金繰り改善法!

審査なし、書類提出なし、手数料4%

の詳細を見る
目次